政治・時事

【30年後予測】 30年後になくなるモノ

 南方熊楠_芳賀郡土俗研究_高橋勝利著
 最近買った古本の一冊の書影。1992年2月第1刷。
 エントリ内容とは特に関係ありません。

少し前に「30年後になくなっているもの」とかいうタイトルのスレのコピーかエントリをどこかで見ました。見たといっても、日に1000本前後の記事や動画を見ている小生としては、1つの記事や動画を何分もかけて読んだり観たりしているわけではないので、その「30年後になくなっているもの」とかいうタイトルの記事をどこで見たのか、どこかのブログの記事だったように思うのですが、正確な場所を忘れてしまいました。

そのスレのコピーかエントリでは、「30年後になくなっているもの」として、「テレビ」、「パソコン」、「紙の書籍」などが挙げられていたように思います。

検索すると、30年後の日本を大胆かつ、現実的に大予想!! という真面目なサイトさんを見つけたのですが、小生が見たのはそういう記事でも内容でもなかった。

で、前々から、小生も「30年後になくなっているもの」について、あたまの片隅でモジモジしていたものが多少ありましたので、このたび、このエントリでメモっておくことにしました。

正確には「30年後にはすでに生産終了となっているもの」、ないしは「30年後にはすでに終了となっているもの」と言うべきでしょう。

凡そ「予測」や「予想」は、その「予測」や「予想」をした人の「期待」を排除できないゆえ、多くの場合、ハズレるのが基本です。

以下、「意外!」、「エェー!?」などと思われるかもしれませんが、小生なりの予測、「30年後にはすでに終了となっているもの 十傑」です。まぁ、あんまりアテにはなりません。


スマホ
 別な形態の、通信機能を主とする携帯端末がそのころ既に登場し、普及している。

自動運転(オートドライブ)に対応していないクルマ
 ただし趣味の分野や愛好家の間では残る。クラシックカーのファンがいるのと同じ。

DVD、ブルーレイディスク(BD)
 ただし音楽CDは残る。いまだにレコードの愛好家が大勢いるのと同じ。一方、「超」が数百万個ぐらい付くような「超」大容量データ記憶媒体は、それだけ取り外して持ち運び可能なものならば、現在のCF(コンパクトフラッシュ)のような大きさ・形状になる。1テラバイトSSD、4テラバイトSSDなどというのは、ほんの序の口である。

電子タバコ(加熱式タバコ)
 ただし在来の紙巻タバコや葉巻は残る。

未成年者が出入りできる店舗やフロアと同一の店舗やフロアにおけるアルコール飲料の販売、同たばこの販売
 「のどごしすっきり!」とか「爽快!」等々を文句にしたアルコール飲料のCMや広告も、はばかられる時代の傾向は今後いよいよ増長し、継続する。そうした動向をPC(ポリティカル・コレクトネス)の一種と観るかどうかはその人次第ではないかと...。

大新聞
 30年後どころか、どこぞの地上波テレビのキー局の1つとともに、5年以内に大手メディアが1つ消滅する。

大雑誌
 創刊してはすぐ終刊、またまた創刊してはまたすぐに終刊とか、あるいは単行というふうに、「定番」という実績ではなく、刹那的なモノと当初から割り切って出版される「新商品」としての雑誌は残る。「新商品」とは、「新商品」として通用する間だけの商品。

楽天
 中小大のライバル多過ぎ。それらが「擬似連合軍」となり続け、楽天を圧迫し続ける。

ヤフー
 時の過ぎ行くままに。育毛剤、頭皮マッサージ、植毛の効果もイマイチで、やっぱり禿は止まらない。Turn It into "禿".

韓国
 「パクッて、恨んで、ウソをつく」の繰り返しの韓国。おそらく、あと30年も、もたない。なぜ、「パクッて、恨んで、ウソをつく」のか。その根本の原因は遺伝子の不良であり、知脳の永代的な発育不良にある。これらは不治である。
しかも、彼らの使用言語はハングルなる愚民記号。通常、言語というものは、思考活動を助け、その思考活動が高度なものであればあるほどそれをいよいよ輔佐するものであるが、彼らの使う愚民記号は、高度な思考活動を輔佐し得ない。
そして、彼らの言う、いわゆる「日帝残滓」をひとつ残らず除滅すれば、そこにあるのはまさに野蛮であり、野生であり、「鮮卑」なものである、ということが彼らには判っていない。
仮に南北統一しても、長くは続かない。ジオ・ポリティクスがそれを許さない。それがチョン半島の地政学的宿命である。また、地政学的には、北朝鮮が合州国と調和できるなら、南チョン部は支那を介してロシアの飛び地になるはずである。南チョンが、日本の艦船の寄港を忌避する一方、ロシアの艦船の寄港を歓迎とは言わないまでも黙認するようであれば、その兆候である。南チョン部にロシアの核兵器が配備されても、小生は別に驚かない。当然といえば当然だからである。日本は対ロシア・対特亜のINF(Intermediate-range Nuclear Forces : 中距離核戦力)の配備を急がなければならない。

以上。

※このエントリの一部もしくは全部の無断転載可です。ただしインターネット媒体に限ります。



スポンサーサイト

政治・時事

日韓首脳会談なら、「竹島は日本の領土ですが、何か?」 でしょ

首脳会談したがってるのは南鮮のほうなんですよね。日本としては別にこちらから南鮮様にお願いして首脳会談していただく必要はないでしょう。

また、日本としては南鮮との首脳会談は、一ヶ月以内に! 年内に! などと急ぐ理由も必要もないわけです。別に来年の春でもいいわけです。

しかし、首脳会談があるのなら、つぶやきましょう、言いましょう、

「竹島は日本固有の領土ですが、何か?」 と。

韓日首脳会談北京で開催へ、23日で調整 (聯合ニュース)

【ソウル19日聯合】李明博(イ・ミョンバク)大統領と日本の麻生太郎首相が、24、25日の両日に北京で開催されるアジア欧州会議(ASEM)にあわせて韓日首脳会談を開く見通しだ。

政府高官当局者は18日、聯合ニュースの電話取材に対し「日本側が最近、北京で首脳会談を開催したいと伝えてきたため、前向きに検討している。現在は日程を調整中だ」と明らかにした。

今回は麻生内閣発足後初の顔合わせとなるため、独島や歴史問題など敏感なイシューより、米国発金融危機から始まった世界経済危機対策や6カ国協議での共助に焦点を置くと伝えられた。

また、韓日首脳の会談は、日本が7月に中学校の新学習指導要領解説書に独島領有権を明記したことで両国シャトル外交が中断して以来のこととなる。今回の会談が、両国関係正常化の契機となるかが注目される。政府関係者は、「日本と膠着(こうちゃく)した関係を維持していくことは決して望ましくないとの判断から、日本からの首脳会談提案を受け入れたと承知している」と話した。その上で、独島問題は領土主権に関する問題のため、決して譲歩することはできず、首脳会談と両国関係正常化は別途に厳正対処していく方針だとした。



>日本からの首脳会談提案を受け入れたと承知している

相手がそうくれば、日本は「日本から首脳会談を提案した覚えはないですぅ♪」と言えばいいだけです。

>今回は麻生内閣発足後初の顔合わせとなるため、独島や歴史問題など敏感なイシューより、米国発金融危機から始まった世界経済危機対策や6カ国協議での共助に焦点を置くと伝えられた。

いえいえ、米国発金融危機から始まった世界経済危機対策や6カ国協議での共助の話より、南鮮による竹島不法占拠問題や反日歴史捏造問題などに焦点を置く、のほうがいいです。おまけとして加えるなら、数々のパクリ商品の問題について、先方の認識を質してみるなど。

だいたい、「敏感なイシュー」っつっても、南鮮自身や在日マスメディアが勝手に「敏感なイシュー」を創出したり、「敏感」さを醸し出してきただけでは?

「敏感」なところに触れると反日デモが勃発?

だったら首脳会談に合わせて、反日デモもどうか盛大に、過去最大級に、好きなだけ勃発してください。

>韓日首脳の会談は、日本が7月に中学校の新学習指導要領解説書に独島領有権を明記したことで両国シャトル外交が中断して以来のこととなる。

シャトル外交中断、大いに結構!(笑)

シャトル外交するなら、日本は、特亜(支那中共・上下朝鮮)以外の、反日でないアジア諸国、すなわち、台湾、モンゴル、パラオ、インドネシア、インドあたりとやるべきでしょう。インドとの間なら、民生・軍事の別を問わない核・原子力の分野や、ロケット・宇宙開発の分野での二国間交流とか。


まぁ、南鮮といま首脳会談やっても、日本の国益につながるような成果は期待できないでしょう。

あらゆる国が、自国の国益のプラスマイナスを考えて外交やってるんでしょうから、日本も日本の国益のプラスマイナスを考えて外交やればいい。それができない外交ならば、それは売国に等しい。


【 YouTube で前に拾った動画】
YouTube - わたしの竹島ですが、何か?


歴史を偽造する韓国―韓国併合と搾取された日本歴史を偽造する韓国―韓国併合と搾取された日本
(2002/04)
中川 八洋

商品詳細を見る




国旗 The Flag of Nihhon
Recent Entries
Categories
Tags
East Turkistan
Blue Ribbon
Links
メールフォーム

Name (HN)

Mail

Subject

Comment

Special Thanks

Powered by FC2

This template designed by Underground

Some images displayed with Lightbox

Some icons designed by フリーWEB素材サイト「DOTS DESIGN」

QRコード
QR
フィード
管理人

oyoyo (oyoyomemo)

 oyoyo (oyoyomemo)
 


Page Top