oyoyo Memo Blog

時事と雑記。気が向いたときに更新するブログ。

【NHK】 退職者の年金を「皆様の受信料」で補填して給付中!

NHKの「皆様の受信料」がOBの年金に補填される奇怪 (ダイヤモンド・オンライン)

日本放送協会(NHK)が、本来、積み立てから給付すべき退職者の企業年金の一部を、受信料収入から補填して給付していることが、関係者の話で明らかになった。

関係者によると、その額は2007年度が約100億円、08年度が約120億円に上っているという。


勤続年数などで企業年金の支給額は異なるが、NHKによれば平均支給額は月12万円程度と民間に比べて高い。つまり、退職者に対する高待遇を維持するため、一部とはいえ「皆様の受信料」を使って尻ぬぐいしているのだ。

背景には、企業年金の積み立て不足がある。NHKは06年度まで、年金の積み立て必要額を算定するための利率(割引率)を4.5%という高水準で据え置いていた。

それを07年度になってようやく見直し、市場実勢に合わせて2.5%前後まで引き下げた結果、積み立て不足は一気に前年度の2.4倍、2700億円規模にまでふくらんだのだ。

それが、わずか1年後の08年度末には約3300億円にまで増加。現在の年金資産は3000億円程度のため、半分程度しか手当てできていないことになり、NHK内部からは、「近い将来、政府管掌の年金に移管せざるをえない状況に追い込まれるのではないか」といった声も漏れてくる。

こうした状況にNHKでは、今後15年間かけて積み立て不足を解消する方針を掲げて償却を進めている。しかし、とうてい賄い切れるものではなく、受信料収入を充てているというわけだ。

NHKの経営陣もさすがに焦りを感じたのか、労働組合に対して確定拠出型年金への移行、もしくは確定給付型を維持するならば現役職員に対する給付額の減額に応じるよう提案している。

これに対し職員は、「なぜOBの優雅な生活のために現役の職員たちがツケを払わされなければならないのか」と不満を爆発させる。

しかし、最も憤りたいのは視聴者のはず。番組制作に充てるために支払っている受信料が、違うものに使われているからだ。これに対し、NHKは、「年金制度についてさまざまな角度から検討を継続している」としている。

(『週刊ダイヤモンド』NHK問題取材班)

(2009/07/21)



OBには大盤振舞。そのくせ、視聴者からは100円、200円を貪欲に徴収するNHK。
 ↓↓↓↓↓

テレビはネットとの融合で劇的に変化する 木田実 NHKオンデマンド室室長
(日経BP PC Online)

[以下は上掲記事の一部]

NHKオンデマンドは、非営利で運営しているサービスです。ただ、従来のNHKの受信料とは別会計で運営しなくてはなりません。「NHKオンデマンドは無料にすべき」という意見が寄せられますが、運営にはどうしてもオンデマンド利用料が別途必要です。価格は番組の単品販売で上限315円、見逃し番組とニュース番組を視聴できる「見逃し見放題パック」が月額1470円です。我々としては、低価格を実現できたと考えています。今後利用者が増え、初期投資を解消できれば、料金を下げることも可能です。

(中略)

一方で、我々の番組が無料の動画サイトへ違法に投稿され、見ている人も罪悪感なしに見ている、という状況もなくしたいと思っていました。200~300円を払えば、きれいな映像を、罪悪感を抱くことなく見られるのです。

(中略)

年齢層は、40歳代が中心で、30歳代、50歳代と続きます。我々は、20歳代がもっと利用すると予想していましたが、実際は違っていました。どうも、ネットで動画を見るためにお金を払うことに、抵抗感を覚える人が多いように思えます。

(2009/07/21)



受信料とは別会計で運営しなくてはならないのは、退職者の企業年金のほうでは?

OBの年金を受信料で補填して差し上げるカネがあるんなら、そのカネで、オンデマンドを運営すれば?
100億円あったら十分できるやろ?

オンデマンド、無料にしたれやw



反日思想を持って反日思想番組を罪悪感なしに制作・放送しているNHK。
反日思想を持っている限り、その人間は反社会性を自身に内在していることから逃れることはできません。

反日思想を持って反日思想番組を罪悪感なしに制作・放送しているNHKは、反社会性を持っている集団です。





[ 簡単! 受信契約を解除して気持ちスッキリ! ]

50円でNHKを解約する方法 追加バージョン









関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


ブログの管理人のみ閲覧できるコメントとして投稿する

トラックバックURL (言及リンクは不要です。)

http://oyoyomemo.blog.fc2.com/tb.php/68-94b1dbf1
» このエントリにトラックバックする (FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

Recent Entries

 

East Turkistan

日本ウイグル協会

Uyghur American Association

世界ウイグル会議

 

Blue Ribbon

内閣官房 拉致問題対策本部

外務省 北朝鮮による日本人拉致問題

警察庁 北朝鮮による拉致容疑事案について

救う会 全国協議会

特定失踪者問題調査会

 

メールフォーム

Name (HN)

Mail

Subject

Comment

 

QRコード

QR

Special Thanks

Powered by FC2

This template designed by Underground

Some images displayed with Lightbox

Some icons designed by フリーWEB素材サイト「DOTS DESIGN」

 

管理人

oyoyo (oyoyomemo)

 oyoyo (oyoyomemo)
 

   RSSフィード