oyoyo Memo Blog

時事と雑記。気が向いたときに更新するブログ。

エセ保守・リベラルな自民党と、憲法改正という「戦後レジーム脳症」

■ チャンネル桜・動画 ■
YouTube - 1/4【討論!】新春討論・平成22年この国の行方[桜H22/1/9]
YouTube - 2/4【討論!】新春討論・平成22年この国の行方[桜H22/1/9]
YouTube - 3/4【討論!】新春討論・平成22年この国の行方[桜H22/1/9]
YouTube - 4/4【討論!】新春討論・平成22年この国の行方[桜H22/1/9]

視聴される場合、とりあえず、上杉隆氏と田村重信氏の喋っているシーンは早送りでパスしてよろしいでしょう。

しかしながら、チャンネル桜も、民主&マスメディアの御用達コメンテーター上杉隆氏に払うギャラがあるんなら、英霊来世/エーレイライズさん
(本エントリの文末に、英霊来世/エーレイライズさんのサイトと関連動画をご紹介)が出演されたときのギャラを 5000 円でも 10000 円でもアップしてあげてほしい。むしろそう思う視聴者は多いと思います。

だいたい、この「闘論!倒論!討論!」のゲスト用のイスの数は8席のはず。ただでさえ余分気味な上杉隆氏の存在が、「8+1」というイスの数というか、そのイスの配置によって、なおいっそう彼の存在の「付け足し」の感が、「図らずも」か「図って」かは存じませんが、醸し出されているように思いました。

討論のうち、YouTube にアップされていない3時間目の放送では、土屋たかゆき氏と上杉隆氏のバトルがあったと思います。「思います」というのは、3時間目の前半は小生、寝ておりましたので、拝聴しておりません。その、つかの間の眠りから覚めたきっかけが、土屋たかゆき氏の戦闘的な怒鳴り声だった次第です。

前にも書いたとおり、小生はテレビを撤去しましたので、チャンネル桜の放送もCSチューナーからオーディオを通しての音声のみを拝聴いたしております。音質はテレビよりもはるかに良好ですので、怒鳴り声もリアルに耳に飛び込んできます。映像やフリップを確認したいときには、YouTube にアップされている範囲で視聴させていただいています。

以下、上掲の動画の 2/4 の 23 分過ぎのシーンをテキスト起こし。田村重信氏と西村眞悟氏の発言とそのやりとり。


田村重信氏の口から「憲法改正」云々の文言がこぼれだしたとき、西村眞悟氏の突きが来るぞ、と小生は思いました。聞き過ごしなどなさることはないと確信して拝聴いたしておりました。今回のこの出演メンバーにおいて、この間合いで、この「突き」が出来るのは西村眞悟氏だけであります。

たむ 「・・・・。ボクはやっぱり憲法改正だと思うんです。それによってキチンとした日本を作っていくというのを目指すべきだと思うんですね」
西村 「どの規定によって憲法を改正します?
たむ 「え?」
西村 「帝国憲法の規定によって改正か、・・・」
たむ 「そりゃ、やっぱり今の、憲法の規定で・・・」
西村 「その今の憲法は有効か無効か、どっちですか?
たむ 「いや、それよりも今の規定でやっていくしかないですよ」
西村 「いやいや、無効だったら仕方がねーじゃん!」
たむ 「無効って言ったら、その、あの・・・・」
西村 「今の憲法、無効でしょ」
たむ 「だから、無効って言ったら・・・」
西村 「ほぉ」
たむ 「じゃあ、どーやって変えるかってゆーのがうまくいかないです」
西村 「紙に書かれない憲法があるということを我々は見つめたらよろしい。まぁ、これは僕の考え」
たむ 「えぇ」
西村 「なぜか」
たむ 「えぇ」
西村 「今の状態で憲法を改正すれば、民主主義人民共和国の憲法が生れるよ
声の主は不明なるも、どなたかが「そうそう」と西村氏に同意。(声の主が誰だか分かるようにカメラの映像を切り替えてほしかった! ラグがあってもいいので)
たむ 「・・・・」
西村 「憲法の試案で、天皇のことを第一条に出してる試案がありますか?
たむ 「・・・・」
西村 「土井たか子なんか護憲派だと思ってたら、九条の会、護憲派だと思ってたら、間違いですよ。あいつら憲法改正派ですよ。人民共和国憲法にするんですよ
たむ 「ま、そら、土井さんのほうはそーですけど、・・・」
西村 「今の憲法でやりゃ、そーなるんです
たむ 「そりゃまぁ、自民党の憲法改正草案はキチンとやってます・・・」



自民党の憲法改正草案? そんなもん、早く捨てなさい。そんなもん、大事そうに持ってるからマトモな支持者ほど離れていくんやん。わからんのか。

この田村重信氏(肩書きは自民党本部政務調査会調査役、他)は、どーしても「自民 vs. 民主」あるいは「自民 vs. 民主・社民」という思考の土台がないと、政治的なあれこれの思考ができない脳回路を持っているようにみえます。こういう脳回路の図式は、あるいは「戦後レジーム脳症」というべきかもしれません。でも、それは決して田村氏だけのことではありません。たとえば、産経イザ!あたりでブログを書いてる50代、60代と思われるオッサン連中のなかにも、この「戦後レジーム脳症」罹患者がけっこういらっしゃるようにみえます。

こういう脳回路を持って保守ヅラしている連中が、本人たちがそれを意識しているか否かにかかわらず、危機的状況の日々深化している日本を、ますます危機的状況へと、いざなっているのです。言い方を換えると、あなた方は、口先手先では民主党や小沢や鳩山を批判していても、民主党勢力が選挙で有利な状況を外堀ないしは外野から支援しているのと同じです。

自民党にしても、この種の脳回路保有者に党本部やその近辺をうろつかせているから、マトモな有権者が「付かず離れず」の状態でいるのを助長しているのです。片方で民主党が有利な状況を支援し、それと同時にもう片方でマトモな有権者が自党に「付かず離れず」の状態でいるのを助長している。わかりますか? 朝日新聞や支那中共あたりは、まぁ先ず先ずかなと、比較的満足げなはずですよ。

そして、このことを、当事者たる自民党所属議員の大半もまた「戦後レジーム脳症」罹患者、あるいはその予備軍であるが故に認知できず、党全体としても「戦後レジーム脳症」であるが故に認知できず、よって民主党との根本的差異を打ち出すことも出来ていないし、そうした活動方針に基づく有効な行動も出来ていない。できるはずもない。エセ保守・リベラルのまま。

かような状態では、支持者が減ることはあっても、その減った分を補ったり上回るほどの支持者の増加は見込めないでしょう。有権者はあなた達が思っている以上に、あなた達よりも謂わば先進したところにいるのです。「戦後レジーム脳症」に罹患していることに関しては、自民の大半も、民主の小沢や鳩山等々と大した違いはありません。エセ保守・リベラル政党は民主党という政党が一つあれば、「投票市場」としてはそれで充分なのであり、「エセ保守・リベラル政党A」対「エセ保守・リベラル政党B」では、対立軸が鮮明となることは、嘘やマヤカシでもない限り、無いのです。


だから、自民党からはこんな「運動方針案骨子」が出てくるのです。

MSN産経ニュース(2010/01/10)より、
「保守」を前面に 自民党運動方針案全文判明 (2/2ページ) の一部分。

 自民党運動方針案骨子

・品格ある日本を目指す
・靖国神社参拝を受け継ぐ
・早期の憲法改正を実現
・消費税の全額が社会保障給付と少子化対策に充てられることを明確化し、税率を引き上げ
・日本の歴史と伝統を重んじる教育を目指す
・自衛隊の憲法上の位置付けの明確化
・北朝鮮に断固とした対応
・領土問題の解決に努める
・参院選で第一党を奪取



民主党でも降伏実現党でも書けそうなことばかり。

>品格ある日本を目指す

『刑法の不敬罪を復活させる』と書け!
『スパイ防止法を制定する』と書け!
『在日朝鮮人全員・在日韓国人全員の強制帰還を実行する』と書け!

>靖国神社参拝を受け継ぐ

大臣と党所属の国会議員は全員、最低でも週一回は参拝せよ!

>早期の憲法改正を実現

『日本国憲法は憲法として無効である』と書け!

>消費税の全額が社会保障給付と少子化対策に充てられることを明確化し、税率を引き上げ

『特別会計に強行してメスを入れ、ひっくり返すほどに全面改変する』と書け!
『すべての公務員のボーナスを全廃する』と書け!
『広告税を導入する!税率は少なくとも20%とする』と書け!
『「国防特別会計」を新設し、国家予算の約5%、年間10兆円乃至13兆円を国防予算に充てる』と書け! それでも共産支那の軍事費より低い!
『軍事力は周辺諸国に脅威を与えるものでなければ意味がない』と書け!

「核ミサイル5発撃ち込まれたら、その百倍の500発を敵の急所に間違いなく、海から陸から事務的に淡々と撃ち返す」ぐらいの脅威を実戦配備していれば、とりあえず核ミサイルを撃ち込まれる心配はありません。

>日本の歴史と伝統を重んじる教育を目指す

「目指す」ではなく、『実行する』と書け! 「目指す」だけなら社民党でも書けるわ。

>自衛隊の憲法上の位置付けの明確化

『自衛隊は国軍かつ皇軍でなければならない』と書け!

>北朝鮮に断固とした対応

話し合いの段階はもうとっくの昔に終わってる!
『軍事力で被害者全員を救出する』と書け!

>領土問題の解決に努める

『ロシアに対しては全千島・南樺太の返還を要求する』と書け!
『千島・南樺太の不法占拠の賠償として、北樺太の無償譲渡をロシア政府に要求する』と書け!
『竹島は日本の領土! 竹島の不法占拠の賠償を韓国政府に要求する』と書け!
『東シナ海ガス田は日本のものであり、ガス窃取の賠償を支那中共に要求する』と書け!

軍事力でロシアを圧倒・恫喝しない限り、千島・南樺太が戻ってくることはありません。ロシアのことですから、北海道本体をなるべく手間をかけずに自分のものにするにはどうすればいいか、とっくの昔から想定していることでしょう。

軍事力で韓国を圧倒・恫喝しない限り、竹島が戻ってくることはありません。竹島どころか、対馬どころか、あの韓国のことですから「九州も本当は韓国のもの!」、「歴史的に見ると実は日本全体が韓国のものだった!」、「この世はすべて韓国のものだった!」とマジ顔で主張しますよ。

尖閣が日本の領土であるのは、東京都や横浜市や富士山や淡路島が日本の領土であるのと同じこと。軍事力で共産支那を圧倒・恫喝しない限り、尖閣は遅かれ早かれ支那のものになり、支那の人民解放軍が占拠することになります。


   ☆      ☆      ☆

やはり「闘論!倒論!討論!」で、
「保守を問う!國體と日本国憲法と新無効論」をやるべきです。

関連エントリ: 臣民度テスト (真正保守チェックシート)

今回の上杉隆氏のイスの位置のおかげで、「闘論!倒論!討論!」のゲスト用のイスの数は、詰めれば左右各5席、計10席確保できることが分かりました。
よってゲスト出演者に2名追加です。

出演者の例は次の通りです。

【司会】 水島総
【ゲスト出演者】
渡部昇一 西村真悟 田母神俊雄 南出喜久治
西尾幹二 加瀬英明 高森明勅 竹田恒泰
土屋たかゆき 八木秀次
(以上敬称略)

保守メッキの剥がれる方が複数いらっしゃるかもしれないことは判っているつもりです。そのうえでの、このゲスト出演者一覧です。
出演者に対してのみならず、チャンネル桜の視聴者に対しても、「保守を問う!」番組となります。

その番組は、保守が何に拠って一致し得るのか、そのための手かがり・足がかりは一体どこにあるのかを視聴者・出演者諸氏に認知せしめるためには不可欠の過程の一つを提供するものとなります。

「保守が何に拠って一致し得るのか、そのための手かがり・足がかりは一体どこにあるのか、それをはっきり言ってくれ!」という視聴者のニーズに応える番組になると思います。



保守陣営が何らかの喪失を恐れ、こうした過程を先延ばしにすればするほど、あるいはごまかしながら進もうとすればするほど、NHKに代表されるような國體に非ざる思想を保有している極左・リベラルに、作戦とその遂行のための時間の余裕を与えている状態が継続することになるのです。

メッキ保守が混入した「保守の団結」など、甘い夢、脳内妄想。いいですか、「リベラル保守」などというものは無いのです。「民主主義」や「国民主権」や「個人主義」を永久不可侵の素晴らしいものと認知する保守など無いのです。「日本国憲法改正派」などという保守は無いのです。そんな保守があるなら、「目指せ!共産主義!」も、「北朝鮮マンセー」も、「小沢・鳩山政権マンセー」も、「自治労・日教組マンセー」も、いずれも堂々と保守として存在することになります。「民主主義」や「国民主権」や「個人主義」を永久不可侵の素晴らしいものと認知する保守(自称保守派・エセ保守)は、その國體破壊の殺傷効果においては、「目指せ!共産主義!」や「北朝鮮マンセー」や「小沢・鳩山政権マンセー」や「自治労・日教組マンセー」を信条としている極左と少なくとも同じか、それを上回るのです。

「国民主権」「基本的人権の尊重」「戦争放棄」などというスローガンを金科玉条の如く掲げているメッキ保守こそが日本を戦禍と破滅へと導き、時には一瞬で、時には数十年をかけて、国民とその子孫から真の自由を奪うことに、たとえそれを謀らずとも大いに加担しているのです。







◇ 英霊来世(エーレイライズ)さん ◇

英霊来世 ::: About
英霊来世 ::: music

CDの試聴や購入ができます。

YouTube - AreiRaise 英霊来世 矜持
YouTube - 【英霊来世】劣化する政治状況への若きレジスタンス[桜H21/12/23]







関連記事
スポンサーサイト

コメント

こんばんは

こんばんは
いのししさまのとこではありがとうございます。
おっしゃるように、国民主権論者をぶっ潰さねばなりませんね。
はっきりいって マルキストの仲間なんですから。
今後ともよろしくお願いします。

あちらでは まだ継続しています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿


ブログの管理人のみ閲覧できるコメントとして投稿する

トラックバックURL (言及リンクは不要です。)

http://oyoyomemo.blog.fc2.com/tb.php/104-33082d5f
» このエントリにトラックバックする (FC2ブログユーザー)

» ようやく人ごとのように改憲論を危険視する保守風味の売文営業右翼たち

[http://www.nicovideo.jp/watch/sm9352202 ようやく人ごとのように改憲論を危険視する保守風味の売文営業右翼たち] [http://www.nicovideo.jp/watch/sm9354683 いまごろ人ごとのように改憲論を危険視する保守風味の売文営業右翼たち] ようやく人ごとのように改憲論(...

 | HOME | 

Recent Entries

 

East Turkistan

日本ウイグル協会

Uyghur American Association

世界ウイグル会議

 

Blue Ribbon

内閣官房 拉致問題対策本部

外務省 北朝鮮による日本人拉致問題

警察庁 北朝鮮による拉致容疑事案について

救う会 全国協議会

特定失踪者問題調査会

 

メールフォーム

Name (HN)

Mail

Subject

Comment

 

QRコード

QR

Special Thanks

Powered by FC2

This template designed by Underground

Some images displayed with Lightbox

Some icons designed by フリーWEB素材サイト「DOTS DESIGN」

 

管理人

oyoyo (oyoyomemo)

 oyoyo (oyoyomemo)
 

   RSSフィード