oyoyo Memo Blog

時事と雑記。気が向いたときに更新するブログ。

渡部恒三氏、次期参院選は「勝つ。自民党が負けてくれる。」

「政権取り、民主は暗くなった」 渡部前最高顧問語る
http://www.asahi.com/politics/update/1230/TKY200912300067.html

 民主党の渡部恒三前最高顧問は朝日新聞のインタビューで、小沢幹事長に権限が集中する党の現状に懸念を示した。

 ――予算編成では小沢氏が鳩山首相に公約違反となるガソリン税などの暫定税率分維持などを求めました。

 「出てくる必要はなかった。陰でこっそり電話するのが小沢の役割だ。鳩山にリーダーシップがないことを証明するようになってしまった」

 「政府の事業仕分けでも当選1回の議員は口を出すなとか、大変な間違いだ。若い人はどんどん政策決定に参加してほしい。最初から発言するなというのは大政翼賛会だ」

 ――前原国交相や樽床伸二衆院環境委員長ら「七奉行」と定期的に会食しています。

 「衆院副議長の時、玄葉君にこれからの党を担う人を紹介してくれと言って、気の合う七人が集まるようになった。おれは(自民党竹下派で)小沢を誘って七奉行となった。今の七人も日本の政治の中枢になり、非常に誇りだ。心の友だ。また(会合を)やるよ。ばんばん」

 ――反小沢の集まりでは。

 「そんな小さいのは一人もいない。小沢に機嫌取りもしないし、反対もしない」

 ――いまや党内で小沢氏に苦言を呈するのは渡部氏ぐらいです。

 「そんな状態で明日の民主党はない。おれらが自民党で1年生の頃は幹事長に党運営で文句を言った。民主党は政権を取ったら元気がなくなった。暗い感じがする」

 ――今のままで来年夏の参院選に勝てますか。

 「勝つ。自民党が負けてくれる。心配なのは、自民党も民主党もダメならば、政治不信になる。民主主義の危機だ」(聞き手・高橋福子)

(asahi.com 2009/12/30 11:11)



>民主主義の危機だ

マスメディアに操縦されるのが宿命の民主主義なら、そんなものは、他の「主義」もろとも廃絶したほうが良い。
「民主主義」などという西洋由来の単語の「誤訳」を用いなくても、日本には昔から「公論衆議の尊重」という、読んで字の如く判りやすい言葉と思潮があります。必要なのは、テレビ・新聞等の反日マスメディア抜きの「公論衆議の尊重」の実現です。

>勝つ。自民党が負けてくれる。

鳩山がどうなろうが、小沢がどうなろうが、はたまた民主党の党内や連立与党内に多少の亀裂が生じようとも、自民党の党内情勢が現状のままの流れなら、大筋ではそういう方向でしょう。

どこかのブログだったか、新聞に掲載された評論だったかは忘れましたが、自民党に「保守本流に戻れ」と投げかけている文章をみかけました。あのねw、自民党に「保守本流に戻れ」っつっても、自民党が「保守本流」だったことは、いまだかつて一度もない。そりゃ、その時々の総理総裁の傾向や生い立ちによって、「どちらかというと保守っぽかった」「保守っぽくなかった、むしろ極左だった」ことは色々あったと思いますが、総じて言うなら自民党はエセ保守・リベラル政党の一種です。いや、だいたいね、党名の一部もしくはその全部に「民主」などという言葉を用いている段階で怪しいと思わないとwwwwww

そのエセ保守・リベラル政党のグダグダぶりは、近いところでは、まあ、↓こんな感じですか?


スポンサーサイト

渡部恒三氏、次期参院選は「勝つ。自民党が負けてくれる。」 の続き » » »

國體(国体)と政体の混同

この先生、國體(国体)と政体を混同されていらっしゃるのでは、と俺的にはみえる。

【正論】東洋学園大学准教授・櫻田淳 「臣」の作法は忘れ去られたか

 ≪「権勢」を奮う心構え≫

 先刻、習近平中国国家副主席の訪日に際して、外国賓客接遇に関する「1カ月前告知ルール」と呼ばれる慣習が破られる体裁で、天皇陛下との会見が設定されたことは、鳩山民主党主導内閣による「天皇の政治利用」という趣旨の疑念を噴出させた。ただし、此度の紛糾が問い掛けているのは、実は、鳩山由紀夫総理や小沢一郎民主党幹事長のように、民主党主導内閣を差配している人々が、どのような意識の下で自らの「権勢」を奮っているのかということである。

 そもそも、日本は、民主主義国家ではあるけれども、その国制は、「共和制」(republic)ではなく、歴然とした「立憲君主制」(constitutional monarchy)に他ならない。故に、「君主制」と「民主主義体制」の微妙な均衡の下に成っているのが、日本の政治体制である。「民主主義国家」と「立憲君主国家」の2つの相貌(そうぼう)を併せ持つ日本においては、国政に携わる政治家とは、「『民』に選ばれて『臣』の列に連なり、『君』に仕える人々」でしかない。

 ≪憲法理解の不十分な小沢氏≫

 天皇を「国家と国民統合の象徴」と位置付けた現行憲法典の下でも、そうした「立憲君主国家」としての流儀は受け継がれていた。たとえば、現行憲法典制定時の宰相であった吉田茂は、自ら「臣・茂」と称し、最晩年に至って宮中から鳩杖を下賜(かし)された。鳩杖の下賜は、古来、老齢の功臣に与えられた最高の栄誉であった。そして、吉田の直系の弟子であった佐藤栄作も、師と同様に自ら「臣・栄作」と呼んでいた。吉田も佐藤も、戦後の宰相としては最も長い執政期間を刻んだけれども、その宰相としての「権勢」が、「筆頭の臣」(Prime Minister)として「君」に仕えるためのものに過ぎないことを充分(じゅうぶん)に心得ていたのである。

 故に、日本は、「立憲君主国家」である以上、それに相応(ふさわ)しい慣習がある。議論の焦点になっている「1カ月前告知ルール」は、慣習としての歴史は浅いかもしれないけれども、「生身の人間」である天皇陛下の御年齢と御健康とに配慮した慣習として定着してきたものである。そして、現在の宮内庁長官は、そうした「立憲君主制」の擁護を皇室に最も近いところで担っている官職である。羽毛田信吾長官が、そうした様々な慣習の侵食を警戒するのは、むしろ当然のことである。然るに、鳩山総理や小沢幹事長のように、羽毛田長官の姿勢を「杓子(しゃくし)定規」、「金科玉条」などと批判する感覚こそは、彼らにおいて、日本が「立憲君主国家」であることの意味が適正に理解されていないことを示している。

 ところで、小沢幹事長は、先刻の記者会見の席で此度の紛糾に対する所見を求めた新聞記者に「憲法を読んだか」と怒気を含みながら詰問したと報じられている。しかし、外国賓客の接遇は、憲法典上の国事行為ではなく、各地の行事への行幸(ぎょうこう)と同様に公的行為と分類される。こうした国事行為ならざる行為に、どこまで内閣の意向が反映されるべきかには、決して自明の説明はない。逆にいえば、外国賓客の接遇は、国事行為ではない故にこそ、そこには皇室の「一視同仁」の価値観が直接に反映されていた。この意味は誠に重いものなのである。先刻の記者会見の風景は、小沢幹事長が現行憲法典の字面しか読まず、「臣」としての分際(ぶんざい)を弁(わきま)えてない実態を暴露している。目下、民主党内では新人議員を対象にした「研修」が延々と続いていると伝えられているけれども、小沢幹事長こそが、相応の「臣」としての「研修」を必要としているのではないか。
(以下略)

(MSN産経ニュース 2009.12.30 02:26)



>そもそも、日本は、民主主義国家ではあるけれども、その国制は、「共和制」(republic)ではなく、歴然とした「立憲君主制」(constitutional monarchy)に他ならない。

「日本」と言ったとき、それは「國體」を言っているのか、「日本の政体」を言っているのか。藤原さんとか蘇我さんとか北条さんとか足利さんとか徳川さんとかGHQとか連合国とか、「日本の政体」はコロコロ変わります。そして、そのコロコロ変わる「日本の政体」のなかで、その時々の政権の主な担い手や実力者は、もっとコロコロ変わります。でも、「國體」は万邦無比にして永遠の「いま」です。

不変の「國體」と、その中でコロコロ変わる「日本の政体」を、同一同体のものと視ることはできません。

「民主主義国家」なる言葉や「国制」なる言葉も、不変の「國體」とコロコロ変わる「日本の政体」の一応の峻別を避け、その結果出来た「曖昧」を足場の一部とすればこそ、脳内において生まれ出でる言葉ではないでしょうか。

「日本」と言ったとき、それは「國體」を言っている、と小生は看做します。「日本の政体」を指して言うなら、「日本の政体」と言えばよいし、「日本の世間」を指して言うなら、「日本の世間」と言えばよい。そういうところをなるべく曖昧にしておきたいという何がしかの気持ちには、非國體の思想の影がちらついている、と小生は看做します。


>憲法理解の不十分な小沢氏
>小沢幹事長こそが、相応の「臣」としての「研修」を必要としているのではないか。


小沢をかばう気は毛頭ないが、非國體の思想の影がちらついていることに関しては、この先生も小沢も五十歩百歩、乃至どんぐりの背比べといったところではないかと思われます。

我が国においては、明治の御代に我が国で初となる「憲法」が制定されました。立憲政体の明文化です。そして、
天皇はその立憲政体の君主であらせられます。しかも、それ以前に、永遠の「いま」において、天皇は國體の元首にあらせられます。

なお、たとえば「十七条の憲法」は「憲法」という呼び名は付いていますが、これは立憲政体の規定という意味においての「憲法」ではありません。その意味においての「憲法」は、大日本帝國憲法が我が国では初であります。

大日本帝國憲法は現存しています。然るに現状、日本国憲法を日本国の憲法として有効であると、明示的であれ黙示的であれ考えている方々は、それが日本国憲法の改憲論者・改憲論支持者であれ、護憲論者・護憲論支持者であれ、何れもサヨク・リベラルであるという点においては、何ら違いはないのです。すなわち、連合国様(国連様)より与えられた土俵の上で、各々が論陣を張っていたり、その土俵上の構成員であることには、「右」でも「左」でも「上」でも「下」でも「真ん中」でも、どこに居ても同じ。「逆賊」という言葉を用いるなら、むしろ日本国憲法の改憲論者・改憲論支持者のなかにこそ、「いい人」の顔をした逆賊が混入していると小生はみています。






Firefox 3 → Firefox 3.5 覚え書き, + Configuration Mania

長らく Firefox 3 と Firefox 3.5 のプロファイルを分けて使っていましたが(これを俗に「共存」という)、ブックマークの整理を終えたこともあり、プロファイルを含め Mozilla Firefox をPCから完全削除。Firefox 3.5 をクリーンインストール(ブックマーク以外はすべて新規入れ直し)しました。速くなったょ。

100こ前後のアドオンを入れていても17秒前後で起動。なにしろ、いままでは40秒乃至50秒前後かかっていましたから、この差には正直、生温かい安心感のようなものが芽生えてしまいました。

最悪なことになっても、もとの Firefox の状態には戻れるよう、JSON ファイルによるブックマークのバックアップとともに、OPIE によるアドオン設定のバックアップ、そしてプロファイルのバックアップは新たにとっておきました。

Firefox 3.5 へ完全移行したいちばん大きな理由は、アドオン。あるアドオンがあって、それは Firefox 3 でも使えることは使えるが、そのアドオンに新しく加えられた種々の改善は Firefox 3.5 対応バージョン以降にしかない、というようなアドオンが自分の使っているアドオンの中にも1つ、2つ、3つ、・・・と出てきたことです。

また、AMOの アドオン互換性センター では、すでに「Firefox 3.6 のリリースに備えましょう。」などとなっており、ここらで Firefox 3.5 へキレイに移行しておきたかったこともあります。「Mozilla が把握しているアドオン利用者の 95% に使われている 767 個のアドオンのうち、現時点で 71% が Firefox 3.6 の最新ビルドに対応していると判断されています。」なんだそうです。


  ----- 以下は configuration いじりの覚え書き。 -----


Firefox 3 → Firefox 3.5 覚え書き, + Configuration Mania の続き » » »

Firefox 3.5 ☆ 或る一般ユーザーのおすすめアドオン

或る一般ユーザーのおすすめアドオン集
(Add-ons for Firefox, addons.mozilla.org)
一般ユーザーによる一般ユーザーのためのアドオン導入の一例。 Firefox 3.5.* で使用中のアドオンのなかからピックアップ。

Another Better Pack +
(Add-ons for Firefox, addons.mozilla.org)
A mix of useful add-ons, a toolbox for non-developers, with which let you take an optimal step for the better browsing experience.

AMOのコレクションコーナーで、ShaMoJii のニックネームにて小生が作成したコレクションです。先日、Firefox 3.5.* 対応版に更新しました。
16コ削除、16コ追加。合計80コ。合計数は更新前と変わらず。
拡張機能74コ、テーマ6種です。

以下、このエントリでは当該80コのアドオンを次のように、アドオンの守備範囲や機能で分類して列挙しています。上のリンク先のコレクションのページでは、アドオンの「名前順」や「人気ランキング順」などでご覧いただけます。

【タブ関連】
【省作業&快適ブラウジング系】
【画像、スクリーンショット関連】
【動画、その他ダウンロード関連】
【ページ・コンテンツの表示制御】
【ブックマーク関連】
【検索関連】
【言語、翻訳関連】
【便利系&ちょこっとツール】
【プライバシー、プロキシ関連】
【管理系】
【開発系、CSS 関連】
【テーマ】

Firefox ブラウザ無料ダウンロード


Firefox 3.5 ☆ 或る一般ユーザーのおすすめアドオン の続き » » »

奉祝 天長節 天皇誕生日

The_Flag_of_Japan_110301

天皇陛下の御長寿と万邦無比なる國體の繁栄を
日本国民の一人として祈念申し上げます

天皇陛下は皇祖皇宗と御一體。
そして我が国には君民一體という、まさに万邦無比の誇るべき古来よりの思想があります。

天皇陛下万歳


The_Flag_of_Japan_110302
 【特大日章旗】 クリックで最大横幅約 3500px (57KB)の日章旗を表示。
 (画像はいづれも Wikimedia Commons より)


 YouTube - 天長節
 國體の本義
 國體の本義




 | HOME |  次のページ »

Recent Entries

 

East Turkistan

日本ウイグル協会

Uyghur American Association

世界ウイグル会議

 

Blue Ribbon

内閣官房 拉致問題対策本部

外務省 北朝鮮による日本人拉致問題

警察庁 北朝鮮による拉致容疑事案について

救う会 全国協議会

特定失踪者問題調査会

 

メールフォーム

Name (HN)

Mail

Subject

Comment

 

Special Thanks

Powered by FC2

This template designed by Underground

Some images displayed with Lightbox

Some icons designed by フリーWEB素材サイト「DOTS DESIGN」

 

管理人

oyoyo (oyoyomemo)

 oyoyo (oyoyomemo)
 

   RSSフィード