oyoyo Memo Blog

時事と雑記。気が向いたときに更新するブログ。

【NHK】 退職者の年金を「皆様の受信料」で補填して給付中!

NHKの「皆様の受信料」がOBの年金に補填される奇怪 (ダイヤモンド・オンライン)

日本放送協会(NHK)が、本来、積み立てから給付すべき退職者の企業年金の一部を、受信料収入から補填して給付していることが、関係者の話で明らかになった。

関係者によると、その額は2007年度が約100億円、08年度が約120億円に上っているという。


勤続年数などで企業年金の支給額は異なるが、NHKによれば平均支給額は月12万円程度と民間に比べて高い。つまり、退職者に対する高待遇を維持するため、一部とはいえ「皆様の受信料」を使って尻ぬぐいしているのだ。

背景には、企業年金の積み立て不足がある。NHKは06年度まで、年金の積み立て必要額を算定するための利率(割引率)を4.5%という高水準で据え置いていた。

それを07年度になってようやく見直し、市場実勢に合わせて2.5%前後まで引き下げた結果、積み立て不足は一気に前年度の2.4倍、2700億円規模にまでふくらんだのだ。

それが、わずか1年後の08年度末には約3300億円にまで増加。現在の年金資産は3000億円程度のため、半分程度しか手当てできていないことになり、NHK内部からは、「近い将来、政府管掌の年金に移管せざるをえない状況に追い込まれるのではないか」といった声も漏れてくる。

こうした状況にNHKでは、今後15年間かけて積み立て不足を解消する方針を掲げて償却を進めている。しかし、とうてい賄い切れるものではなく、受信料収入を充てているというわけだ。

NHKの経営陣もさすがに焦りを感じたのか、労働組合に対して確定拠出型年金への移行、もしくは確定給付型を維持するならば現役職員に対する給付額の減額に応じるよう提案している。

これに対し職員は、「なぜOBの優雅な生活のために現役の職員たちがツケを払わされなければならないのか」と不満を爆発させる。

しかし、最も憤りたいのは視聴者のはず。番組制作に充てるために支払っている受信料が、違うものに使われているからだ。これに対し、NHKは、「年金制度についてさまざまな角度から検討を継続している」としている。

(『週刊ダイヤモンド』NHK問題取材班)

(2009/07/21)



OBには大盤振舞。そのくせ、視聴者からは100円、200円を貪欲に徴収するNHK。
 ↓↓↓↓↓

テレビはネットとの融合で劇的に変化する 木田実 NHKオンデマンド室室長
(日経BP PC Online)

[以下は上掲記事の一部]

NHKオンデマンドは、非営利で運営しているサービスです。ただ、従来のNHKの受信料とは別会計で運営しなくてはなりません。「NHKオンデマンドは無料にすべき」という意見が寄せられますが、運営にはどうしてもオンデマンド利用料が別途必要です。価格は番組の単品販売で上限315円、見逃し番組とニュース番組を視聴できる「見逃し見放題パック」が月額1470円です。我々としては、低価格を実現できたと考えています。今後利用者が増え、初期投資を解消できれば、料金を下げることも可能です。

(中略)

一方で、我々の番組が無料の動画サイトへ違法に投稿され、見ている人も罪悪感なしに見ている、という状況もなくしたいと思っていました。200~300円を払えば、きれいな映像を、罪悪感を抱くことなく見られるのです。

(中略)

年齢層は、40歳代が中心で、30歳代、50歳代と続きます。我々は、20歳代がもっと利用すると予想していましたが、実際は違っていました。どうも、ネットで動画を見るためにお金を払うことに、抵抗感を覚える人が多いように思えます。

(2009/07/21)



受信料とは別会計で運営しなくてはならないのは、退職者の企業年金のほうでは?

OBの年金を受信料で補填して差し上げるカネがあるんなら、そのカネで、オンデマンドを運営すれば?
100億円あったら十分できるやろ?

オンデマンド、無料にしたれやw



反日思想を持って反日思想番組を罪悪感なしに制作・放送しているNHK。
反日思想を持っている限り、その人間は反社会性を自身に内在していることから逃れることはできません。

反日思想を持って反日思想番組を罪悪感なしに制作・放送しているNHKは、反社会性を持っている集団です。





[ 簡単! 受信契約を解除して気持ちスッキリ! ]

50円でNHKを解約する方法 追加バージョン









スポンサーサイト

自民党両院議員総会開催要求の署名者一覧

この名前リストは保存モノかな。
もっとも、必ずしも「反麻生」で一括りにすべきではないと思います。
「反麻生」で一括りに、というのはマスメディアによる一応の献立です。

両院総会求め133人の署名提出=3分の1超、鳩山邦夫氏も-自民反麻生勢力

[以下は上掲記事の一部より]

◇両院総会要求の署名者名簿
 自民党両院議員総会の開催要求に署名した議員は次の通り。(数字は当選回数)

【町村派】
伊藤公介(9)、中川秀直(9)、衛藤征士郎(8)、尾身幸次(8)、杉浦正健(6)、宮路和明(6)、小野晋也(5)、小池百合子(5)、下村博文(4)、高市早苗 (4)、谷畑孝(4)、山本拓(4)、谷本龍哉(3)、奥野信亮(2)、谷川弥一(2)、中山泰秀(2)、並木正芳(2)、西村明宏(2)、早川忠孝 (2)、越智隆雄(1)、亀岡偉民(1)、木挽司(1)、高鳥修一(1)、松本文明(1)(以上衆院)
世耕弘成(3)、礒崎陽輔(1)、北川イッセイ (1)、古川俊治(1)、義家弘介(1)(以上参院)

【津島派】
鳩山邦夫(10)、船田元(9)、額賀福志郎(8)、石破茂(7)、斉藤斗志二 (7)、仲村正治(7)、小坂憲次(6)、佐田玄一郎(6)、伊藤達也(5)、鴨下一郎(5)、三原朝彦(5)、茂木敏充(5)、大村秀章(4)、木村隆秀(4)、桜田義孝(4)、田村憲久(4)、林田彪(4)、渡辺博道(4)、河井克行(3)、倉田雅年(3)、新藤義孝(3)、吉川貴盛(3)、加藤勝信 (2)、戸井田徹(2)、大塚高司(1)、木原稔(1)、渡嘉敷奈緒美(1)、原田憲治(1)、平口洋(1)、福岡資麿(1)、馬渡龍治(1)(以上衆院)
岩永浩美(3)、田村耕太郎(2)、島尻安伊子(1)、野村哲郎(1)(以上参院)

【古賀派】
川崎二郎(8)、逢沢一郎(7)、二田孝治 (7)、中谷元(6)、遠藤利明(4)、塩崎恭久(4)、小野寺五典(3)、近藤基彦(3)、平井たくや(3)、福井照(3)、葉梨康弘(2)、原田令嗣 (2)、三ツ矢憲生(2)、小里泰弘(1)、木原誠二(1)、清水鴻一郎(1)、土井真樹(1)、徳田毅(1)、萩原誠司(1)、藤井勇治(1)、盛山正仁(1)(以上衆院)

【山崎派】
保岡興治(11)、小杉隆(8)、武部勤(7)、遠藤武彦(6)、渡海紀三朗(6)、稲葉大和(5)、田中和徳 (4)、江崎洋一郎(3)、木村勉(3)、大前繁雄(2)、山際大志郎(2)、上野賢一郎(1)、篠田陽介(1)、平将明(1)、富岡勉(1)、広津素子 (1)、福田峰之(1)(以上衆院)
山内俊夫(2)(参院)

【伊吹派】
萩山教厳(6)、西川公也(4)、松浪健太(2)(以上衆院)

【高村派】
村上誠一郎(7)、森山真弓(4)(以上衆院)

【二階派】
清水清一朗(1)(衆院)

【麻生派】
河野太郎(4)(衆院)

【無派閥】
加藤紘一(12)、与謝野馨(9)、棚橋泰文(4)、後藤茂之(3)、後藤田正純(3)、秋葉賢也(2)、菅原一秀(2)、赤沢亮正(1)、飯島夕雁(1)、石原宏高(1)、近江屋信広(1)、小野次郎(1)、片山さつき(1)、佐藤ゆかり(1)、田中良生(1)、中川泰宏(1)、藤田幹雄 (1)、牧原秀樹(1)、安井潤一郎(1)、山内康一(1)(以上衆院)
川口順子(2)、丸山和也(1)、山田俊男(1)(以上参院)


(時事ドットコム 2009/07/16 13:55)


【衆院解散】自民両院総会求める署名をさしかえ 135人に

自民党の中川秀直元幹事長ら両院議員総会開催を求める署名を募っている議員らは16日午後4時半前、両院総会開催を求める署名を修正した。

呼びかけ人の谷川弥一衆院議員を削除し、賛同者として水野賢一、馳浩、中根一幸各衆院議員を追加した。

これにより署名数は、修正前の133人から135人になった。

(MSN産経 2009.7.16 18:36)



河野太郎! 貴様はそれでも麻生派か! 衆院解散を機にオヤジと一緒に政界引退せよ!

所々太字にしたのは小生が自分用に見やすくするため。ちょっと注目というか、多少のマークというか、まぁそう思っているだけです。



◇関連ニュースへのリンク

【衆院解散】自民、両院議員総会見送りへ 21日に首相出席し緊急集会
(MSN産経 2009.7.16 20:50)

【衆院解散】倒閣なら津島派署名引き上げも 津島会長が緊急会見
(MSN産経 2009.7.16 13:36)




東京都議選の党派別の得票率

総選挙の投票日は8月30日(大安。8月31日とならんで宿題の日)ですか。青山繁晴氏のお見立て通りの日どりと相成りました。
私は8月23日(仏滅)が投票日となることを期待していましたのに。

今回の東京都議選の結果で興味をもったのは党派別の得票率。

「衆院シミュレーション、東京の全選挙区で野党優勢に」
(イザ! 2009/07/13 03:20)
民主、全選挙区で優勢 都議選結果を衆院小選挙区で集計
(asahi.com 2009/07/13 13:49)

自由民主党  前回30.66% → 今回25.88%
民主党     前回24.51% → 今回40.79%
公明党     前回18.00% → 今回13.19%
共産党     前回   ?   → 今回12.56%


公明党こと創価学会政治部は得票率が5パーセントダウン。共産党の得票率とさほど変わりはないにもかかわらず、今回1議席増とは、選挙が上手いんですね。

ま、しかし、得票率もそうですが、候補者ごとの得票数を比較しても、この勢いであれば、民主党はべつに連合自治労ニッキョウソなどの支持がなくても、衆院選で圧勝できますね。連合自治労ニッキョウソを完全無視しても全然大丈夫でしょう。

いや、むしろ、連合・自治労・ニッキョウソにサービスする何らかのエネルギーがあるのなら、そのエネルギーを一般無党派層の支持拡大に振り向けたほうが賢明なくらいでしょう。

脱税疑惑の鳩山代表西松献金の小沢筆頭代表代行以下、党執行部全員を民主党から追放しても十分勝てるぐらいでしょう。

一方、自民にとっては、「どうせ議席が減る選挙」ですから、この際、党内の新自由主義マンセー教ポチ信者を含む従米売国奴と特亜系売国奴の始末を望みます。方法は何でもいいです。マスメディアの偏向報道とともに麻生総裁の足を引っ張ってるのは、そもそもあの連中とその親玉ですからね。ウザぃわ。


民主の得票率、16ポイント増=公認38人がトップ当選-都議選分析

 12日投開票された東京都議選の結果を分析すると、54議席を獲得し都議会第1党の座を奪った民主党は、党派別の得票率を前回2005年選挙の24.51%から40.79%へと約16ポイント増やした。一方、改選前から10議席を減らし、38議席と惨敗した自民党は、得票率でも25.88%(前回30.66%)と民主を大きく下回った。公認23人の全員当選を果たした公明党も得票率では前回の18.00%からダウンし13.19%となった。

 自民、民主の得票率は、07年参院選とほぼ同じ結果。安倍政権下で自民が大敗した選挙で、両党が都内で得た比例代表の得票率は自民26.07%、民主38.88%だった。 

(財経新聞 2009/07/13 05:33)



今回の都議選の結果は、二年前(2007年)の参院選の結果の再来のように見えます。

結果からすると、政治への見方や意識は、少なくとも大方の東京都民に関しては、二年前の参院選の頃から何も変わっていないんだなぁと。

そして、こと政治、こと選挙となると、ネットの力は弱いと。公職選挙に対するネット世論の力ってのは、影響力ってのは、ま、小泉チルドレンの生存率と同じくらいで、せいぜい数パーセント程度かと。依然として影響力の在り処はテレビと新聞かと。。。

大多数の国民は、「インターネットをする、みる」という場合、友達や趣味の合う仲間との情報交換とか、旅行とかグルメとか、ペットの話題とか、アイドル・芸能情報とか、ギャンブルとか、ま、目的や関心の対象はそんなところであって、政治とか国際情勢にはさほど興味を持っていない。

だから、たとえば、ランキング上位の幾つかの政治ブログや国際情勢のブログには、政治や国際情勢について積極的に関心をもつ人々しか入ってこないし、また、YouTube にアップされている、政治や国際情勢を理解する手掛かりとなり得るような動画を見るのは、大方のところ、政治や国際情勢について積極的に関心をもつ人々に限られる。

政治や社会が主な内容のブログにしても、またYouTube の国際情勢動画にしても、訪問者の大半はリピーター。すなわち、リピーターの巡回訪問であって、訪問者の属性は拡がりにくい。一時的に訪問者が急増することはあっても、その急増した分は、熱しやすく冷めやすい刹那的訪問者。そんな気がします。

大方の東京都民、のみならず大方の日本国民にとっては、「北朝鮮のミサイル」の話よりも、「ねこ」の話のほうが重大な関心事なのであり、「中共・漢人による東トルキスタン・ウイグル人の拘束・殺傷」の情報よりも、「安くて旨い食い物屋さん」とか、「今季流行のファッションスタイル」とか、「海外お買い物旅行」の情報とか、「アイドルグループ」の動向のほうが切実なる関心事なのでしょう。

これを人によって「(日本人の)劣化」とも言い、「知らぬが仏」とも言い、あるいは「お花畑」とも言うかもしれない。わかります。


まぁ、でも、公明党こと創価学会政治部の得票率5パーセントダウンは、サイレント・まじょりーの意思表示の成果と捉えるべきかもしれません。

幸福実現党は「スカ屁~、すぅ~っ」ほどのインパクトもなかった様子。
昨日は幸福実現党の宣伝カーに初めて出くわしましたが、どうも原稿を読みながらマイクを持っているらしく、読むところを途中で見失ったような様子で声が突然止まり、20秒ほどの沈黙ののち、続きが聞こえてきました。
女性の方でしたが、もう少し「慣れ」が必要です。


麻生総理はいまこそ靖国へ参拝されるべきではないのかと思います。
反日マスメディアは一斉に騒ぐでしょうが、その騒ぐことこそが日本人の精神として異常なのであり、史観が歪められている証拠です。

てことで官邸にメールを差し上げたいと思います。いままで何度かメールを差し上げていますが、そもそも総理の手元に届いているのかが疑問。事務処理の段階で適当にゴミ箱へ直行しているのではないのかと。
官邸宛よりも、麻生総理の個人事務所宛のほうが、まだ生存率がいいのかもしれません。





【天滅中共!】 中国幻想・支那幻想について

eastern_Turkestan_2009070701
“Demonstrators shout slogans as they hold Turkish and eastern Turkestan flags in front of the Chinese Embassy in Ankara, to protest against the deadly riots in China's northwestern region of Xinjiang July 7, 2009.”
Daylife より拝借

The_Flag_of_East_Turkestan_02
↑クリックで横幅約800px の東トルキスタン旗を表示。
Wikimedia Commons より拝借

日の丸に負けず劣らず美しい東トルキスタン旗。そう思いませんか?


支那には五十幾つかの「少数民族」があります。
「少数」といっても、例えばチワン族は約1600万人、満州族(満族)や回族は各々1000万人前後、ウイグル人は約800万人、モンゴル人とチベット人は各々500万人以上が生活しています。

支那は基本的には各民族を単位とする多数の民族国家に分かれるほうがいいのではないか、そう思います。

中国の少数民族地図 (社会実情データ図録)

支那中共がらみのニュースや話題があるとき、その個々の内容はともかくとして、上のリンク先にあるような、民族の分布を幾分考慮した地図をあたまに思い浮かべることは有用です。支那という地域全体を「中国」という色の絵の具で、何となく一色塗りにしたままでいると、そうしたニュースや話題の背景に対する正しい理解や考察が妨げられます。

この地域において目下、軍事力や武装警察力をもってその全体主義的統一性の維持・強制を図り、それに従わぬ者や抵抗する者を拘束したり殺傷しているのが支那中共です。漢人すなわち支那人が組織する支那中共です。

支那中共は「国」ではありません。「党」です。自民党や民主党が「党」であって「国」ではないのと同じです。

日本の場合、自民党や民主党が明日解党しても、「日本」という「国」は依然として成立します。

自民党や民主党が無くなったからと言って、一億総殴り合い、一億総奪い合いの無法無秩序・無政府状態にはなりません。

「日本」の場合、自民党や民主党が無くなった程度では、国民は「よし、もう仕事を辞めて皆で銀行強盗しよう!」、「皆でコンビニやスーパーを襲撃しよう!」とはなりません。

しかし、支那中共なくして「中華人民共和国」は成立するでしょうか。

一般に「中国」と呼ばれている(呼ばされている)、あの地域を「国」ないし「国家」と認識しているところから、あの地域に対するあらゆる誤認や誤解、さらには幻想が生まれると私は考えています。

それを小生は「支那幻想」とか「中国幻想」と呼びます。

その「幻想」がさらにさまざまの見当違いや、経営上ないし政策上の種々の戦略の失敗を呼び寄せます。

支那中共という「党」なくして「中華人民共和国」が成立しないなら、あるいは支那中共という「党」が無くなれば支那が今以上の無法無秩序状態になるのなら、「中華人民共和国」は「国」ではなく、そもそもが「クニモドキ」、実はもとから「クニモドキ」ということです。

たとえ「党」の名称が「中国共産党」から「中国民主党」、「中国社会党」、「中国労働党」になろうと、その保有する軍事力や武装警察力をもってのみ、集団の一体性の維持を図り得る、そんな集団は「国」ではありません。絶えず分裂のエネルギーを抱える「団体」にすぎません。


これぞ軍靴の音!
eastern_Turkestan_2009070801
“Armed Chinese soldiers in riot gear run down a main street leading to the end of the city occupied by ethnic Uighurs in the city of Urumqi in China's Xinjiang Autonomous Region July 8, 2009.”
Daylife より拝借

天滅中共!
a_small_china_flag_09






驕れるナントカ哉! 橋下大阪府知事!

なになに?
地方に拒否権よこせ!ってか?
参議院議員のイスよこせ!ってか?


橋下知事「地方に拒否権、議決権を」 参院に自治体長枠など

 大阪府の橋下徹知事は8日、国と地方の間で従来の意見交換の場に代わる新たな協議の場を設けることを、東京で同日午後開かれる民主党との会合で提案したい意向を表明。地方自治の分野に限定し、「地方に拒否権や議決権を渡すべきだ」と述べた。

 橋下知事は、地方が拒否権を持つ協議の場を設けることで地方が力を持つとし、「今までの国と地方の奴隷関係が対等になる。奴隷に公民権を与えてくれというのと同じ論理だ」と持論を展開。その上で「国と地方の関係を変えることが肝中の肝」と強調した。

 具体的な案として、参議院に自治体の長の枠を設けることを挙げた。

 また、橋下知事は、地方分権が進まなかった原因や地方分権を進めるための統治機構についても意見交換したいと述べた。

(MSN産経 2009.7.8 14:37)


【鳩山代表ぶら下がり】「橋下大阪府知事と連携したい」

 [以下一部引用]

 --橋下徹大阪府知事が原口一博「次の内閣」総務担当らと会談したが、橋下氏との連携についてどう考えるか

「うん。橋下府知事のお考えは非常に民主党の考え方に近い。まあ、原口議員から言わせると、もう同志だというくらいの思いで、非常に和やかというか、考え方が相当程度一致したと伺いました。それを、これから私どもの地域主権の考え方を、あるいは道州制という方向でですね、協力点を見いだしていけるのではないかという思いがありますから、そこは、これからも橋下府知事とは何らかの形の連携を取り合っていきたいと。そう思います。それは国家の、あるいは地域のためだと思っています」

 --橋下知事から支援を受けた場合、連携が衆院選に与える影響をどう考えるか

「うん、あの、連携がプラスかマイナスかという発想以前の問題として、私ども、この国の形というものをね、大きく変えていきたいと。それがわが党の存在価値ですから、そのことに対して橋下知事が基本的に同じ方向を向いておられるということは大変、勇気づけられる話だなと。そのように感じています」

(MSN産経 2009.7.8 19:32)



もう同志だなんてw

って俺は全然驚かないょ。

前々回のエントリにも書いた通り、橋下氏を保守派の一人と思っているアナタはエセ保守。

小泉マンセー教も、橋下マンセー教も、それから、幸福の科学も、まァ、大して変わりません。


橋下さん、アナタのピークは既に過ぎてます。いろんな意味で。欲張らずに、どうか大阪府知事としての職務に専心なさって下さい。

寄り道せず、わき見せず、全力でなさるべきは、大阪空港(伊丹)の早期廃止、関空への国内線集約、JRなにわ筋線の早期着工などです。






 | HOME | 

Recent Entries

 

East Turkistan

日本ウイグル協会

Uyghur American Association

世界ウイグル会議

 

Blue Ribbon

内閣官房 拉致問題対策本部

外務省 北朝鮮による日本人拉致問題

警察庁 北朝鮮による拉致容疑事案について

救う会 全国協議会

特定失踪者問題調査会

 

メールフォーム

Name (HN)

Mail

Subject

Comment

 

QRコード

QR

Special Thanks

Powered by FC2

This template designed by Underground

Some images displayed with Lightbox

Some icons designed by フリーWEB素材サイト「DOTS DESIGN」

 

管理人

oyoyo (oyoyomemo)

 oyoyo (oyoyomemo)
 

   RSSフィード