oyoyo Memo Blog

時事と雑記。気が向いたときに更新するブログ。

細菌の本能と抗生物質について。

  Enterococcus_02  Enterococcus_01
   画像は Wikimedia Commons より拝借。腸球菌(腸に生息する常在菌)の画像。
   コイツらがいわゆる「多剤耐性菌」であるのかどうか、小生は知りません。

海外に半年以上滞在した人、半数が多剤耐性菌に感染
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20150508-OYTEW50321/

海外に半年以上滞在した日本人の約半数が、複数の抗生物質が効かない多剤耐性菌の「ESBL産生大腸菌」に感染していたことが、東京医大などの研究チームの調査で分かった。

研究チームは、海外赴任がある企業の協力を得て、2012年9月から15年3月までの間、20~50歳代の男女45人について渡航前と帰国後のふん便を調査。その結果、22人からESBL産生大腸菌を検出。渡航先別では、サハラ以南のアフリカが最多の7人、東南アジア6人、南アジア5人、中東・北アフリカ4人。欧米の赴任者7人からは検出されなかった。

多剤耐性菌は、過剰や過少な抗生物質の使用などにより変異した細菌。複数の抗生物質を分解する能力がある。健康な人が感染してもすぐに発病するわけではなく、今回感染が確認された22人も無症状だった。ただ、抵抗力が弱い入院患者らの場合は、重症化につながる恐れがある。研究チームの水野泰孝・東京医大感染症科准教授は「ESBL産生大腸菌に感染する可能性が高い地域からの帰国者が入院した場合、医療機関は感染の確認が済むまで、他の患者と部屋を分けるなどの対応が必要」と警戒を呼びかけている。

(yomiDr. / ヨミドクター 読売新聞 2015年5月8日)


抗生物質効かない細菌 新生児など感染し死亡例も

生まれたばかりの赤ちゃんや就学前の幼児など子ども60人以上が、過去3年間に、「ESBL産生大腸菌」と呼ばれる、複数の抗生物質が効かない細菌に感染して命に危険が及ぶような重い症状になり、確認されただけで2人が死亡していたことが、専門の医師で作る学会の調査で明らかになりました。幼い子どもの間でESBLによる全国的な健康被害の実態が明らかになったのは初めてで、
(中略)
抗生物質が効きにくい耐性菌は欧米の医療現場でも深刻な問題となっていて、今月開かれる伊勢志摩サミットでも議題となる予定です。これを前に、国も耐性菌をテーマにした初の行動計画をまとめていて、耐性菌を生み出す原因とされる抗生物質の不必要な使用について継続的に監視することなどを明記し、2020年には抗生物質の使用量を2013年の3分の2に減らすとしています。

(NHKニュース 5月11日 19時23分)




細菌はどこにでもいます。細菌の全くいない場所を探すほうが困難でしょう。コップを持って川に行って「多剤耐性菌」を採らないようにすることのほうが難しい注文かもしれません。そして、細菌にも細菌それぞれの本能がありますから、抗生物質のある環境であろうと、抗生物質のない環境であろうと、細菌全体として、環境適応能力を獲得し続け、生残性を保持し続けるでしょう。それが本能です。細菌は、抗生物質がないからといって、その環境適応能力や生残性を放棄することはなく、交戦権を否認するなどという本能の放棄(「理知」や「ニセ憲法」による本能の隠蔽ないし抑圧)はしないのです。

人であれば、敵がいてもいなくても、刀や剣の手入れを怠らず、来る日も来る日も練習を続け、かつ、極わずかずつでも、さらなる生残性の向上、敵への対処能力や運用能力の質の向上と量の確保を続けるのが本能です。何が敵になるのか、見通しがつかない環境下にあっても、なんとか生き残ろう、あるいは、少しでも味方が(特に若い女と子どもを)生き残るようにしようとするのが本能です。


ある人がある細菌感染症で死んだり重症化するのは、その人の体が細菌とまともに戦うからであると、小生は考えています。本能と本能のほぼ全面におけるぶつかり合いです。本能と本能のぶつかり合いですから、基本、容赦のない世界です。しかしながら、それを別な面から観れば、「まともに戦うのはバカよ」ということになります。抗生物質は、これら二つの本能に対処するもう一つの本能をもって現れ、細菌の本能と人体の本能の双方に、多正面作戦(少なくとも2正面作戦)をさせることによって、一対一のまともな戦いをさせず、ぶつかり合いを多少でも緩和させる作用を持つ物質のことではないかと、小生は考えています。

この考え方ならば、たとえ細菌感染症でなくても、人体の免疫システムの暴走によって不具合や不自由が生じる疾患であれば、抗生物質の介在はその症状の緩和や病状進行の妨げに有効である、もっといえば、症状の緩和に有効で、不快な副作用がないのであれば、抗生物質の長期(数か月あるいは数年)の投与もかまわない、ということになるかもしれません。


ある人が、ある細菌感染症になったものの抗生物質の恩恵を受け、結果、死ななかったり、後遺症がより軽度で済んだのは、抗生物質のおかげで細菌が死滅したからではなく、抗生物質のおかげでその人の体が細菌とまともに戦わずに済んだから(済んでいるから)だと考えます。だからといって、その人の本能を抑えたわけではなく、むしろ本能を有効に、効率よく働かせることができた(できている)と考えます。ゆえに、抗生物質の使用量や新規の抗生物質の研究開発のピッチを抑制すればするほど、細菌感染症その他の疾患で死ぬ人の割合も、細菌感染症の後遺症として不具合や不自由を持つ人の割合も、増えると小生は観ています。

しかしながら、ここに述べたこうした考え方は、おそらく、現在の医学や薬理学の先生方の「常識的な脳」からすれば、「聞いたことも無い!」「非常識!」ということになると思います。

なお、人工培地の上で、ある細菌とある抗生物質を競争させて「細菌が死滅した」あるいは「細菌の数が減っていない」という現象と、現に生きている人の体の中で、その細菌とその抗生物質を伴って生起している現象とを、重ね合わせて相同視する思想・思考には、そもそも賛同できません。


>耐性菌を生み出す原因とされる抗生物質の不必要な使用について継続的に監視

「不必要な使用」をあれやこれやと発見・指摘することよりも、『必要であるにもかかわらず使わなかった』ことを発見・指摘することのほうが実に困難なのが医療における経済の特徴の一つです。


>2020年には抗生物質の使用量を2013年の3分の2に減らすとしています。

財務省と厚生労働省とNHKの職員だけで減らしてみてください、2020年と言わず、来月からでも。





スポンサーサイト

[広告対策] 正しい姿勢で快適に歩くためのアンクルウェイト物色中

[広告対策エントリだょ]

アンクルウェイト探してんだけど、国産のものはどーも少なく、「チューゴク製」が市場を占拠してるのょね。

「チューゴク製」のは価格が安く、デザインもまぁまぁだとは思うが、中身(通常は砂鉄や微小鉄球など)に何らかの汚染があるのではないかという不安あり。なにせ、あのクニモドキのことですから。「緑化」と称して緑色のペンキをハゲ山に塗る民族ですから。マンホールの蓋をあけて下水から廃油を汲み上げてその油でフライを揚げて商売する民族ですから。赤信号で交差点に突っ込んでも「私は悪くない」と主張する民族ですから。

チューゴク製のアンクルウェイト、アマゾンのレビュー見てると「使って1か月ぐらいで中身が漏れ出してくる」、「くるぶしに当たって靴ずれのようになって長時間使うには不向き」、「異臭がする」という報告もあり。それは困る。

筋トレとか脚力増強のために、じゃなく、自分の場合は、歩きやすくするため、足首を意識しながら正しい姿勢で歩くためにアンクルウェイト探してんの。だから片側500gぐらいの重量があればそれで充分。

くつ下や服のうえから足首をしっかりと包むように固定できる物がいい。外側のくるぶし(外果)に負担のかかる物は困るんだ。海の事故で両足首捻挫したうえに外果を骨折して、以来、痛みが残ってしまっているのょ。体のほかの部位にもね。体全体の何割かというほどに、けっこう広範に。痛みが脊髄で形成されるようになってしまうと治療は困難かつ長期に及ぶんだょ。経過観察と体の健康管理を兼ねて、某医療センターの複数の診療科を定期的に受診してます。もう何年も。

一般論として、CTやMRIでは判らない微細な異常もあると思われ。計20数名の医師に診てもらってきたけど、麻酔科の女の先生がいちばんよくしてくれたと思う。俺みたいなわがままな患者に付き合ってくれて、俺の症状に関連する調べ事を改めてしてくれて、あっちこっちの専門医に紹介状を何通も書いてくれて、現時点でできることを医師として、麻酔科医として、最大限かそれ以上やってくれたと思うから。

アンクルウェイト、やっぱスポーツ用品店かホームセンターで「試着」しながら選定しようか。





 ♪
 倉木麻衣 Love,day after tomorrow - YouTube
 雨音薫 沢尻エリカ タイヨウのうた - YouTube
 倉木麻衣 happy days - YouTube
 雨音薫 Kaoru Amane stay with me - YouTube





イルカ百数十頭打ち上げられる 茨城県鉾田市(ほこたし)の海岸

イルカ160頭打ち上げ 鉾田-鹿嶋の海岸10キロ 茨城
http://www.sankei.com/region/news/150411/rgn1504110010-n1.html

10日午前6時5分ごろ、鉾田市上沢の海岸で「イルカが多数打ち上げられているので救助してほしい」と、近隣住民から118番通報があった。鹿島海上保安署などが確認したところ、体長2、3メートルのイルカの一種「カズハゴンドウ」約160頭が、隣の鹿嶋市にかけての海岸約10キロの範囲に打ち上げられていた。海上保安署や鉾田市、県警などは、衰弱していないイルカ数頭を同署の巡視艇などに乗せて鹿嶋市の沖合約9キロの海上に放流した。

アクアワールド県大洗水族館によると、カズハゴンドウはこの時期に沖合を回遊し、県南部の海岸に打ち上げられる例はあるが、一度にこれだけの数が打ち上げられるのは珍しいという。

水族館の担当者は「集団で泳いでいて潮の流れに乗って岸まで来た可能性もある」としている。

砂浜では海上保安官や地元住民ら数十人が協力して救出作業に当たった。近くに住む無職男性(72)は「こんなに大量に打ち上げられたのは聞いたことがない。本当にかわいそうだ」と話した。

鹿嶋市の海岸では平成23年3月4日にも、打ち上げられたカズハゴンドウ約70頭が見つかっている。

(2015.4.11 07:05 産経ニュース)


イルカ160頭以上が打ち上げられる 茨城の海岸 東日本大震災の時も…
http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/9/6/9647.html

茨城県鉾田(ほこた)市の海岸で、10日朝、160頭以上のイルカが打ち上げられているのを近所の住民が発見した。

鉾田市によると10日午前6時ごろ、台濁沢(だいにごりさわ)の海岸に160頭以上のイルカが約4キロにわたって打ち上げられているのを近所の住民が発見し、警察などに通報した。

大洗町のアクアワールド茨城県大洗水族館によると、打ち上げられたのはマイルカ科のカズハゴンドウだという。

鉾田市では現地対策本部を設置し、警察や海上保安署などと協力して、生きているイルカの頭数把握を進めている。健康上問題のないイルカについては、打ち上げられた海岸から車両で鹿島港まで運び、沖合に放流する予定。

茨城県では東日本大震災のあった2011年3月にも鹿嶋市や鉾田市の海岸でカズハゴンドウ約30頭が打ち上げられたのが見つかったという。

(2015-04-10 12:10 ハザードラボ)



謎だ。俺が子供のころからときたまニュースで見聞きする出来事だ。諸説あるも現在の科学では原因は不明。肝心なことほどよく判っていないのが科学である。いや、学者や研究者の大半は、積年の信仰と教本と信条と意地とが邪魔をして、脳本来の活動ができていないのではないのか。仮に真理を認知するためのヒントが目の前にあっても、それが真理を認知するためのヒントだと認知するだけの脳力が無いか足らないのであろう。その考究の態度に安心し、固執する限り、彼の思考の水平線が動じることはない。思考のレジームはそのまんまである。

これは理系の科学に限ったことにあらず。憲法学然り、経済学然り。




【医療幻想】 デング熱騒動について。

【デング熱】感染場所は不明、新たに1人確認 感染者151人に
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140930/bdy14093015200004-n1.htm

厚生労働省は30日、東京都の20代男性が新たにデング熱と確認されたと発表した。東京・代々木公園や、これまで感染場所として疑われる場所には行っておらず、感染場所は不明。症状は安定しているという。

デング熱に国内感染したのは、17都道府県で151人となった。

(MSN産経 2014.9.30 15:20)


【デング熱】新たに都内の女性感染 患者143人に 新宿御苑からまたウイルス
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140925/bdy14092517270002-n1.htm

厚生労働省は25日、代々木公園を訪れた東京都の40代女性がデング熱と確認されたと発表した。デング熱に国内感染したとみられるのは17都道府県で143人となった。

都によると、女性は8月12日に発熱などの症状が出て19日に医療機関を受診。代々木公園を毎日訪れていたことや症状などから、後日、デング熱の感染を疑い医療機関に残されていた検体を検査したところ、感染が分かったという。

また、環境省は25日、新宿御苑の7カ所で採集した蚊からデングウイルスが検出されたと発表した。検出されるのは2度目。新宿御苑で蚊に刺されて感染した人は報告されていないが、環境省は当面、閉園を続ける。(以下略)

(MSN産経 2014.9.25 17:27)



これまでは「夏風邪ですね。しばらく安静にして様子をみてみますか」で片付けられていたものである。
 ↓
ところが、この夏のある日、ある患者が「夏風邪」のような症状を抱えつつ、悩みつつ、受診。
 ↓
ところが、その患者を診察した医者はアホではなかった。圧倒的大多数の医者のようなボンクラではなく、デング熱を知っており、患者の症状や自身の直観からデング熱を疑診。
 ↓
検査実施。
 ↓
正解! デング熱でした。
 ↓
デング熱の患者が発生したことがアホ医者やボンクラ医者の知るところとなるに至り、
 ↓
これまで「夏風邪ですね。しばらく安静にして様子をみてみますか」としていたトコロを、「夏風邪かもしれませんが、デング熱の疑いもあるので、検査してみましょう」と修正することと相成り、
 ↓
デング熱の患者が次々と見つかった!

というお話。

もちろん私見ですょ。

まぁ、現実の医療のレベルはそんなものです。いや、もっと酷いというべきかもしれない。テレビドラマやアニメが描くような格好のいい名医はいないと言っていいでしょう。

「医療幻想」は「中国(支那)幻想」「アメリカ幻想」に比喩できる。全治五十年といったところか。医者も患者も思想がリベラルすぎなんだよ。


◎大学受験を含む進路を考えている人へ◎

世間のライバルが「資格取得だ!」「国家資格だ!」「少子高齢化社会だから!」などと言って、「医療だ!」「福祉だ!」「医学部だ!」「介護福祉学科だ!」と必死になってワクテカになってそれらの分野を目指しているのなら、今こそ、あなたは「原子力(原子動力・核動力)」「核エネルギー工学」の学科を持つ大学の工学部を目指すべきなのです。「材料」・「材料工学」、「土木工学」もオススメ。




「漢方薬」または「レアプラント」というチャイナ・リスク

 共産支那への依存度は8割超!?

 生薬の調達先のシェア (グラフは日本経済新聞の記事より拝借)

農水省、薬用作物の栽培後押し - 中国集中リスク是正
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1020131018ceae.html

 農林水産省は2014年度からの新規事業として、農家による漢方薬原料となる薬用作物の栽培を支援する。品種選定や栽培マニュアルを作成。農場設置や農業機械改良にかかる費用の2分の1以内を援助する。漢方薬メーカーが調達する薬用作物は、8割以上を中国に頼っているのが実情。国内農家に薬用作物栽培を促すことで一国集中のリスクを是正すると同時に、耕作放棄地の活性化にもつなげる考えだ。(以下略)

(日刊工業新聞 2013年10月18日)


漢方の生薬確保 人工栽培技術を磨き、中国リスクに備える
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD2706S_X21C10A0000000/

 高齢化社会の進展で漢方薬の需要は今後着実な伸びが見込まれている。野村総合研究所のリポートによると、漢方薬の国内生産額は2015年には07年(1131億円)に比べてほぼ倍増し、2000億円超になるという。

 漢方薬の原料となる生薬は9割弱が輸入品で、その大半を中国に頼っている。レアアース(希土類)ならぬ「レアプラント(希少植物)」という言葉も登場。新たなチャイナリスクに備え、生薬の国産化を推し進めようと、人工栽培技術を磨く動きも出てきた。

 生薬には鉱物由来や動物由来のものもあるが、その多くが植物、いわゆる薬草だ。漢方薬は、農家が生産したり自然に成育したりした生薬をメーカーが調達し、乾燥や調合、加工して作る。

 医療用漢方薬最大手のツムラの場合、現在129種類の漢方薬を作っており、118種類の生薬を利用しているという。

 生薬の調達先は海外に大きく依存している。日本漢方生薬製剤協会によると、国内生産は12%にとどまり、中国からの輸入が約8割を占める。その中国産生薬の価格はここ数年、世界の需要増から上昇傾向にある。過去5~6年で1.5倍になったとの報告も出ている。(以下略)

(日本経済新聞 2010/10/29)



薬用植物に限らず、ありとあらゆる原材料の支那への依存を可及的速やかに減らすこと。これが日本の経済成長と安全保障にとっての基本中の基本の思考である。支那・朝鮮半島といった特定アジアとの依存関係を解消させればさせるほど、日本の経済は半ば自動的に増進し、日本の安全保障もこれまた半ば自動的に強化される。

日本は、いずれはレアプラントを含む薬用植物生産における生産量と生産金額で世界シェア90パーセントを達成し、支那・朝鮮半島・ロシア以外の諸国に、それらを原材料とする医薬製品を輸出する国家を目指すのである。

まあ、そもそも、支那由来の「薬」など、無料でも飲みたくはない。





◇中国の7色に輝く河川と食品 アジアの安全な食べ物 - livedoor Blog
http://blog.livedoor.jp/safe_food_of_asia/
(June 25, 2005)
↑2005年以前の時点でコレであるから、現在ではもっとおぞましい(カラフルにして珍奇な)光景が支那全土にわたって広がっているものと思われる。

◇このままでは日本の医療が危ない 渡辺賢治慶應義塾大学医学部漢方医学センター副センター長 | JAcom 農業協同組合新聞
http://www.jacom.or.jp/series/cat168/2012/cat168120919-17927.php
(2012.09.19)





 | HOME |  次のページ »

Recent Entries

 

East Turkistan

日本ウイグル協会

Uyghur American Association

世界ウイグル会議

 

Blue Ribbon

内閣官房 拉致問題対策本部

外務省 北朝鮮による日本人拉致問題

警察庁 北朝鮮による拉致容疑事案について

救う会 全国協議会

特定失踪者問題調査会

 

メールフォーム

Name (HN)

Mail

Subject

Comment

 

Special Thanks

Powered by FC2

This template designed by Underground

Some images displayed with Lightbox

Some icons designed by フリーWEB素材サイト「DOTS DESIGN」

 

管理人

oyoyo (oyoyomemo)

 oyoyo (oyoyomemo)
 

   RSSフィード