oyoyo Memo Blog

時事と雑記。気が向いたときに更新するブログ。

日本国の憲法記念日は11月29日です。

    大日本帝國憲法 大日本帝国憲法
   画像は 国立公文書館HP より拝借

帝國議会ハ明治二十三年ヲ以テ之ヲ召集シ議会開会ノ時ヲ以テ此ノ憲法ヲシテ有効ナラシムルノ期トスヘシ
将来若此ノ憲法ノ或ル条章ヲ改定スルノ必要ナル時宜ヲ見ルニ至ラハ朕及朕カ継統ノ子孫ハ発議ノ権ヲ執リ之ヲ議会ニ付シ議会ハ此ノ憲法ニ定メタル要件ニ依リ之ヲ議決スルノ外朕カ子孫及臣民ハ敢テ之カ紛更ヲ試ミルコトヲ得サルヘシ
朕カ在廷ノ大臣ハ朕カ為ニ此ノ憲法ヲ施行スルノ責ニ任スヘク朕カ現在及将来ノ臣民ハ此ノ憲法ニ対シ永遠ニ従順ノ義務ヲ負フヘシ


大日本帝國憲法発布勅語より



『帝國議会ハ明治二十三年ヲ以テ之ヲ召集シ議会開会ノ時ヲ以テ此ノ憲法ヲシテ有効ナラシムルノ期トスヘシ』の、『議会開会ノ時』とは明治23年の11月29日であります。即ちこの日こそ、大日本帝國憲法の施行の日であり、日本国の憲法記念日であります。

将来若此ノ憲法ノ或ル条章ヲ改定スルノ必要ナル時宜ヲ見ルニ至ラハ朕及朕カ継統ノ子孫ハ発議ノ権ヲ執リ之ヲ議会ニ付シ議会ハ此ノ憲法ニ定メタル要件ニ依リ之ヲ議決スルノ外朕カ子孫及臣民ハ敢テ之カ紛更ヲ試ミルコトヲ得サルヘシ

然るに「日本国憲法」という名の「自称・現行憲法」は連合軍によって起草されました。これが憲法改正発議権の侵害であることは実に明白であります。「日本国憲法」はその出自からして「憲法モドキ」であります。

また、条章の改定という漸進的修正ならば許容され得るものの、国憲の実質を全面的に改定するがごとき紛更は、革命であれ何であれ、何物をもってしてもできないのです。これは議論やイデオロギーや好き嫌いの問題ではなく、「できない」のです。新たな条章の追加さえ、条章の改定に含まれるのか否か、その判断は極めて慎重でなければなりません。

ましてや、連合軍という列強なる軍事力と巨大な組織力を背景にした外国勢力の一派たるGHQに指揮・管理・統制され、ときに「ああしなさい」「こうしなさい」「ここはこうするように!」と注文・指示され、「GHQの意向に従わないと追放されるのではないか?」「GHQの指示に従わないと連行されたり、牢屋に入れられるのではないか?」などという思考を巡らせながら構築・制定された「自称・現行憲法」に、大日本帝國憲法を失効させる力など、そもそも無いのです。

もっとも、GHQばかりが悪者ではありません。敗戦によってもたらされた「日本の弱まった状態」を帝國憲法の紛更の機会(ショック・ドクトリンを飲み込ませるチャンス!)と捉えた非國體思想の官僚たち、赤い官僚たちが、戦場に行くこともなく、戦死も戦傷もせず、背広を着て、ネクタイを締め、頭髪を整えて、生きていたのです。

そのような情勢のなか、日本國體の護持のために立ち上がられたのが、
昭和天皇、吉田茂、そして実はマッカーサーだったと小生は観ています。これについては稿を改めて、少しずつ書いていきたいと思っています。






スポンサーサイト

「ハッピーマンデー♪」という脳ミソお花畑

「海の日」はやっぱり7月20日がいい!? 超党派議連、祝日法改正案提出へ
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140924/stt14092405400001-n1.htm

超党派の国会議員らでつくる「海事振興連盟」(会長・衛藤征士郎前衆院副議長)が、7月の第3月曜日と定められている「海の日」を制定当初の7月20日に戻す祝日法改正案を、29日召集の臨時国会に議員立法で提出する。

土日を含めた3連休を増やす「ハッピーマンデー」制度の導入で、「海の日」の本来の趣旨が忘れられつつあり、衛藤氏は「海の恩恵に感謝する日だったはずが、単なるお祭りになってしまった」と指摘。「改正した暁には都道府県単位で海洋国家日本の発展を願う行事を開きたい」と語った。

「海の日」は明治9年7月20日、明治天皇が全国の灯台を見回る特別船「明治丸」で東北地方巡幸から横浜に帰港されたことに由来する。(以下略)

(MSN産経 2014.9.24 05:40)



拙ブログの最初のエントリ(2008/07/20付)が 『海の日。“海で遊ぼう”だけの日なら・・・』でした。

「ハッピーマンデー」など、脳ミソお花畑も甚だしい。

「ハッピーマンデー」は終了で良い。




奉祝 昭和天長節 (昭和の日)

The_Flag_of_Japan_110301
【標準】 クリックで横幅 800px の日章旗を表示。
(画像は Wikimedia Commons より)

The_Flag_of_Japan_110302
【特大】 クリックで最大横幅約 3500px (57KB)の日章旗を表示。
(画像は Wikimedia Commons より)



関連リンク、関連動画

YouTube - 天長節 奉祝大会 (國士舘大学 昭和40年頃4月29日)
http://www.youtube.com/watch?v=p7z0CPk0k-g

YouTube - 君が代 (現代語訳付き) Japan's national anthem
http://www.youtube.com/watch?v=GtDc8NGKYvs

YouTube - 世界最強の天皇陛下
http://www.youtube.com/watch?v=lsOFxj9To-o

YouTube - 終戦の詔勅 (玉音放送)
http://www.youtube.com/watch?v=LSD9sOMkfOo

昭和天皇 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%AD%E5%92%8C%E5%A4%A9%E7%9A%87




奉祝 天長節 天皇誕生日

The_Flag_of_Japan_110301

天皇陛下の御長寿と万邦無比なる國體の繁栄を
日本国民の一人として祈念申し上げます

天皇陛下は皇祖皇宗と御一體。
そして我が国には君民一體という、まさに万邦無比の誇るべき古来よりの思想があります。

天皇陛下万歳


The_Flag_of_Japan_110302
 【特大日章旗】 クリックで最大横幅約 3500px (57KB)の日章旗を表示。
 (画像はいづれも Wikimedia Commons より)


 YouTube - 天長節
 國體の本義
 國體の本義




奉祝 明治節 (付・「國體の本義」)

The_Flag_of_Japan_110301
【標準】 クリックで横幅 800px の日章旗を表示。
(画像は Wikimedia Commons より)

The_Flag_of_Japan_110302
【特大】 クリックで最大横幅約 3500px (57KB)の日章旗を表示。
(画像は Wikimedia Commons より)


昭和十二年に文部省が編纂した『國體の本義』の全編を、インターネット上にアップロードしてくださっているサイトがあります。

國體の本義
http://satwa.hp.infoseek.co.jp/KOKUTAI/

國體の本義
http://www.geocities.jp/sf_private/kokutai/kokutai1.html

因みに現物の本は、濃い焦げ茶色の表紙で、百数十頁乃至二百頁内外だったと思います。


「文化の日」よりも、「明治の日」への改称を願う。また漢語の風のある「明治節」よりも、国語の風のある「明治の日」のほうがよい。


明治天皇 - Wikipedia

明治節 - Wikipedia

YouTube - 明治節 日東児童合唱団
(文部省唱歌「明治節」、昭和三年制定)






 | HOME |  次のページ »

Recent Entries

 

East Turkistan

日本ウイグル協会

Uyghur American Association

世界ウイグル会議

 

Blue Ribbon

内閣官房 拉致問題対策本部

外務省 北朝鮮による日本人拉致問題

警察庁 北朝鮮による拉致容疑事案について

救う会 全国協議会

特定失踪者問題調査会

 

メールフォーム

Name (HN)

Mail

Subject

Comment

 

QRコード

QR

Special Thanks

Powered by FC2

This template designed by Underground

Some images displayed with Lightbox

Some icons designed by フリーWEB素材サイト「DOTS DESIGN」

 

管理人

oyoyo (oyoyomemo)

 oyoyo (oyoyomemo)
 

   RSSフィード