oyoyo Memo Blog

時事と雑記。気が向いたときに更新するブログ。

【広告対策】 選挙の立候補予定者には事前に認知機能検査の受検の義務付けを!(笑)

またなんか書きます。


しかし、痴呆症(認知症、認知障害)の人を選挙に出馬させちゃダメでしょ。
立候補予定者には事前に認知機能検査の受検を義務付けてもいいと思うわ。
その検査では、難しい質問ではなく、日本人にとって一般常識的な簡単な質問を10項目か20項目ぐらい設定する。
例えば、
「昭和二十年をキリスト暦(西暦)で表すと何年になりますか」とか、
「現在の内閣総理大臣の氏名を書いてみてください」とか、
「税込み9800円の商品を買う代金として、1万円札を1枚出すと、おつりは幾らになりますか」とか、
「東京駅と新大阪駅の間の全区間を新幹線で移動すると、所要時間はだいたい何時間になりますか」とか、
「1円玉の直径は何センチメートルですか」とかとかとか。

で、認知機能検査で「認知障害の疑いあり」と判定された者、ならびに認知機能検査の受検を拒否した者は、選挙に立候補することができないとする。

しかし本当に必要な検査は思想検査であると小生は考えています。
共産主義思想保有者、特定宗教(創価学会、旧オウム真理教等)の構成員、反米活動組織の構成員は、公職の選挙に立候補させてはならないと考えます。






スポンサーサイト

共産党ほか反日勢力の危険で怖い街宣車(害戦車)

まぁ、いろいろ書き留めておきたいことがあるんですが、連中の思想や顔ツキもさることながら、とりあえず、公道をこんな車で走行するのは危険だろ! と思うのです。

 共産党の街宣車_01  共産党の街宣車_02  共産党の街宣車_03
  画像はこの方の物だと思います。拝借しています。

『アベ政治を許さない』『アベ政治を許さない』って、そんなものを車のリアガラスに2枚も貼ったら、車両後方の視界が遮られて、運転者から車両後方がほとんど見えないでしょ。危険でしょうが。

車両後方のリスクに意の及ばない、その程度の危険認識すら不足したままの脳ミソで車を走らせている奴が、車両上方のリスクに意を払えるはずがないのです。

で、橋桁に衝突して車両の屋根のうえに設置した『赤旗』『日本共産党』と記された看板が今にも崩れ落ちそうな状態のまま、バックして方向転換して再び走行を開始したのでしょうか。走行中に崩れ落ちてくるかもしれないということは考えないのでしょうか。万が一にもそれが崩れ落ちれば後続車や傍を行く歩行者や自転車がどういう目に遭うのか、考えないのでしょうか。

後続車や傍を行く歩行者や自転車にとっては、原発や米軍基地やオスプレイよりも、オマエらとオマエらの街宣車のほうが怖いし危険なんだよ!

で、これが共産党の街宣車でなく、自民党や次世代の党の街宣車ならば、NHKや朝日やTBSや不治テレビは「よっしゃ! 待ってました!」てな感じでニュースにして、「街宣車、橋桁に衝突して当て逃げ」などと報道するのでしょうか。で、その党首や党の幹部に「謝罪せよ!」「責任を取れ!」「辞任せよ!」などと注文するのでしょうか。

◆事故発生地点(36°03'28.6"N 139°15'46.0"E 画像は google より)
 共産党戦車_事故発生地点(N036d03h286b_E139d15h460b_google_Map)


それから、みなさん、あなたが政党の代表者や責任者で、あなたの党が車両を使用して街宣活動をするとします。こんな車を使わせますか?

 共産党の街宣車_04

小生が政党の代表者・責任者で、党員がこんな状態の車を使用しようとしているならば、「やめろ! アホ!」と指令します。当たり前です。

たとえ見た目は小さくて古くて安っぽい車であっても、乱暴やなぁとかアヤシイと思われるようなキズや凹みのない、整備と手入れの行き届いた車を使わせるでしょう。当たり前です。

そうしたヒトとしての、日本人としての、心配りや行き届きが著しく欠如しているのが反日勢力というモノだ、と考えて大筋で間違いないでしょう。

  カン・チョクトの選挙カー、右折に失敗。やはり「右」には行けず、大破。  民主党の街宣車、暴走。道を大きく外れ、田畑に突っ込む。
  画像は拾い物。


反日勢力の連中をヒトだと、すなわち時間をかけて口で言い聞かせていれば分かる相手だと認識しているところからして、それがすでに日本人の大きな過ちであり、大間違いなのです。



もうそろそろ、優生なるヒトと、汚劣なヒトモドキ(特亜民・部落民ら)の区別を国民全体ではっきりさせんとな。見たら分かるやろ。本能で。

それから、ソイツの学歴や資格や現住所に気を取られてはいかん。ソイツの国籍、本籍、そして門地が重要である。






小渕優子は辞任へ。議員辞職もすべきでしょう。思想が顔に現れている松島みどり(元・朝日新聞社記者)、オマエもな。

小渕経産相を刑事告発へ 群馬の市民団体、政治資金規正法や公選法違反罪で
http://www.sankei.com/politics/news/141019/plt1410190019-n1.html
(産経ニュース 2014.10.19 16:20)

小渕経産相、消えた収入 着服?裏金化? 刑事事件に発展も
http://www.sankei.com/politics/news/141019/plt1410190023-n1.html
(産経ニュース 2014.10.19 19:42)



これを機に、安倍総理大臣は「女性!」「女性!」「女性!」「女性!」などと言わないほうが良い。これは警告である。

「男女共同参画社会」などと殊更のように叫ぶ必要も無い。日本は古来、男たちと女たちが互いに智恵と力を出し合って生きてきたし、いまもそうだ。であるにもかかわらず、殊更に「男女共同参画社会」「男女雇用機会均等」「女性が輝く社会」などと叫ぶのは、そこに別のアヤシイ意図があるからであろう。


与謝野晶子に学ぶ―幸福になる女性とジェンダーの拒絶与謝野晶子に学ぶ―幸福になる女性とジェンダーの拒絶
(2005/03)
中川 八洋

商品詳細を見る

 ↑
余談だけど、この本の出版社(グラフ社)、何年か前に倒れたんだってね。その後どーなっているのかはよくわからない。良書の一冊と思う故、再版か新書化を望む。この本の古書価格、やや高止まりの感。まぁ、その値で買う人が居るから、その売り値が付くわけだ。


「ストール」の松島法相は「スカーフ」と反論 「マフラーはだめですよね」
http://www.sankei.com/politics/news/141002/plt1410020025-n1.html
(産経ニュース 2014.10.2 18:37)

松島法相、今度は“うちわ配布問題” 「法律を自分に都合良く解釈するな!」蓮舫氏が追及 参院予算委
http://www.sankei.com/politics/news/141007/plt1410070024-n1.html
(産経ニュース 2014.10.7 11:26)

うちわ2万1980本発注 松島法相
http://www.sankei.com/politics/news/141016/plt1410160028-n1.html
(産経ニュース 2014.10.16 17:37)



とりあえず、蓮舫、オマエが言うな。いくら正しい事柄や正論であっても、オマエみたいなのが言うと、単なる政治パフォーマンスにしか見えないのである。ってことぐらい、もうそろそろ、自分自身で、判れ(笑)

しかしまぁ、60歳近くにもなって、オバサンのカテゴリから既にバアサンの領域にドップリと全身が漬かっているクセに、60年に亘る思想の発育不良というべきか、思想が「劣」「愚」「汚」の松島みどりである。前にも書いたが、思想は顔に現れる。元・朝日新聞社記者だというのだから、なんともわかりやすい(笑)

スカーフかストールか、そんなことはどっちでもいい。派手な衣装で修飾したところで、そのアヤシイ顔ツキに表れている思想の「劣」「愚」「汚」を撹乱させたり、ごまかすことは出来ないのである。スカーフやストールにチャフやデコイとしての機能は無い。下朝鮮人が美容形成したところで、そのメンタリティまでは変えられないのと同様である。


その松島のバアサンの「うちわ」問題であるが、本人曰く、「討議資料として配った。有価物に値するとは考えていない。うちわのように見えるかもしれない」云々と。だか、小生の観るところ、これは「有価物」に値する。単に「討議資料」であれば、本件においてはB5のビラで十分であるし、うちわの面積にしたためることが可能な内容ないし分量の「討議資料」であれば、はがきサイズか、その半分のサイズの紙切れであっても十分にその用を果たし得る。そうしたビラや紙切れではなく、うちわに印刷して配布したのは、たとえば「紙切れだとすぐに捨てられてしまうおそれがあるが、うちわならすぐに捨てられる可能性を低減できる」と考え付いたからではないのか。うちわには単なるビラや紙切れにはない付加価値ないし用途価値がある。すなわち、「うちわ」-「紙切れまたはビラ」=「うちわの付加価値ないし用途価値」である。この「付加価値ないし用途価値」が少しでもあれば、当該物件は「有価物」と見做し得る。

件の「うちわ」の画像をこのエントリにアップしようと思ったのであるが、まぁ、やめた。
plt1410160028-p1.jpg (JPEG 画像, 460x600 px)


「カネ問題で辞職した人」「男女問題で辞職した人」というのはこれまでにも多くの前例があるが、「うちわで辞職した人」というのはあまり聞かないので、その第一号になってほしい。

まぁ、どっちに転がっても、このバアサンにとっては「うちわ」が一生のトラウマとなるであろう。自らが配った「うちわ」が方々で煽られ、発生した風が、まわりまわって台風となって自らの身に帰ってきただけの話なのかもしれない。





【参院選 2013】 選挙結果のメモ。「朗報」あり「警報」あり。大江やすひろ氏の落選は残念。新風3候補者の合計得票数は約16万票。

選挙後の参議院の議席配分(新勢力)は、自民115、民主59、公明20、みんな18、共産11、維新9 など。

  平成25年(2013年)参議院議員選挙 政党別獲得議席数等の表
   画像は 朝日新聞デジタル:2013参院選挙 より拝借。

次に挙げるのは、此度の参院選比例代表選挙における政党別の
「政党得票数(政党得票率)、政党名での得票数」、そして獲得議席数。

■自民党 「18,460,404票(34.68%)、14,080,143票」 → 18議席
■公明党 「7,568,080票(14.22%)、3,333,142票」 → 7議席
■民主党 「7,134,215票(13.40%)、4,827,158票」 → 7議席
■維新の会 「6,355,299票(11.94%)、5,191,563票」 → 6議席
■日本共産党 「5,154,055票(9.68%)、4,647,765票」 → 5議席
■みんなの党 「4,755,160票(8.93%)、4,221,422票」 → 4議席
■社民党 「1,255,235票(2.36%)、938,227票」 → 1議席



■生活の党 「943,836票(1.77%)、723,987票」 → 0
■新党大地 「523,146票(0.98%)、398,848票」 → 0
■緑の党 「457,862票(0.86%)、242,460票」 → 0
■みどりの風 「430,673票(0.81%)、319,630票」 → 0
■幸福実現党 「191,643票(0.36%)、153,296票」 → 0


ご覧になってお判りの通り、改選議席数48の参議院議員比例代表選挙においては、政党得票数で概ね100万票以上、かつ政党得票率が2%以上でないと、その政党は議席を獲得することはできない。

まぁ、ひとつ注目すべきは、比例代表で議席を獲得できた政党のうち、他党と比較したときの公明党の「政党得票数」と「政党名での得票数」の比率である。すなわち、比例代表の投票用紙に「公明党」と書いて投票した人は計3,333,142人だが、同党の「政党得票数」はその2倍を大きく超えている。公明党の場合、参院選比例代表の投票用紙に候補者名を記入することを支援者・後援者らに周知徹底していることが窺える。

一方、投票率は、選挙区・比例代表とも52・61%だったとのこと。

【参院選】投票率は52・61%、過去3番目の低さ 総務省
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130722/elc13072211380127-n1.htm

 総務省は22日午前、第23回参院選の選挙区の投票率が52・61%だったと発表した。前回2010年の57・92%を5・31ポイント下回った。参院選としては1947年の第1回以降で3番目の低投票率。今回の比例代表の投票率も52・61%だった。
(中略)
 地方区という名称だった時期を含め参院選選挙区の最低の投票率は95年の44・52%。2番目が92年の50・72%。今回の投票率のうち都道府県別で最も高いのは島根の60・89%で、山形の60・76%、鳥取の58・88%が続いた。最も低いのは青森で46・25%。次いで岡山の48・88%、千葉の49・22%だった。前回比で投票率が上昇したのは、0・99ポイント伸びた沖縄のみ。選挙当日の有権者数は全国で1億415万2589人だった。

(2013.7.22 11:37 MSN産経)


投票率最低は青森 沖縄以外で低下 参院選 - 2013参院選
http://www.asahi.com/senkyo/senkyo2013/news/TKY201307220142.html

 総務省は22日、21日に投開票された参院選の選挙区の投票率が52・61%だったと発表した。前回(2010年)の57・92%を5・31ポイント下回り、1995年の44・52%、92年の50・72%に次ぐ戦後3番目の低投票率だった。沖縄以外の46都道府県で前回より投票率が低下した。

 都道府県別で最も高かったのは島根の60・89%で、山形の60・76%、鳥取の58・88%と続いた。最も低かったのは青森の46・25%で、次いで岡山の48・88%、千葉の49・22%だった。

 期日前投票は前回より7・15%増の1294万9982人で、全体の有権者に占める割合は12・36%だった。参院選で期日前投票が導入された04年以降、増え続けている。

(2013年7月22日11時13分 朝日新聞デジタル)



      ◇        ◇        ◇

小生は、選挙区では自民の候補者に投票し、比例代表では大江やすひろ氏に投票した。

大江やすひろ氏に小生がなぜ一票を投じたのかの主な理由は、氏が日本の核武装に理解を示され、かつ親台湾派である数少ない候補者だからであり、また、氏の持つ「譲れない思想」が、保守思想の本道に親和性があり、かつそれに最も接近している比例代表候補者であると判断したからであった。加えて現実的なこととして、仮に当選される場合、自民党比例代表候補のなかでも、赤池まさあき氏や衛藤せいいち氏、佐藤まさひさ氏らよりも下位での当選が予想されたからである。

そして、左翼リベラル勢力が密かに警戒しつつ注目していたのが、実は、大江やすひろ氏の当落だったりする。自民党比例代表の最後の議席が大江やすひろ氏以外の候補者のものになる見通しがついて、夜が明けようかという時間帯にほっとした連中は少なくないはずである。

大江やすひろ氏の得票数は59,376票で、自民党比例代表候補のなかでは第21位となり、落選。同党比例代表の最下位(第18位)で当選した太田房江氏の得票数が77,173票であるから、あと20,000票あれば大江氏は当選できた。誠に残念であり、たかが一票を大江氏に投じたにすぎない小生としても、実に精神上の重大な痛恨の念が暫く続かざるを得ない。

自民党よ、聖子やワタミやフサエなど要らんのである。聖子はスケート教室でも開いてコーチをしていればいいのであり、ワタミは商売に没頭していればいいのであり、フサエはどこぞのテレビ局のB層向けワイドショーで粟おこしでもポリポリかじりながらレギュラーコメンテーターをやっておればいいのである。

大江やすひろ氏におかれましては、次なるチャレンジ、再々チャレンジのための御準備を、気持ちを新たにされたうえで早々に整えられ、近いうちに必ずや日本の国会議員として御活躍されることを祈願致します。

      ◇        ◇        ◇

此度の参院選で【祝!朗報!】があるとすれば...

1. 岡崎トミ子、接戦の末、落選!
2. 生活の党・山岡賢次、落選!
ぐらいか。。。

公安や司法当局によって重点的にマークされるべき人物が、よりによって国家公安委員会の長の座に就いたのは悪夢か冗談でしかなかった。しかしそれが現実であったことを我々日本国民は忘れてはならない。すなわち、気を許すと今後も何度でもそういうことが起こるということである。

そして【警報!】としては...

1. 斜民党、比例で1議席確保。安楽死に従わず延命を画策する斜民勢力の残滓。
2. 沖縄"戦局"において社共勢力の支持や推薦を得た糸数慶子なるバアさんが当選。
3. 日本の原発(核発電)を敵視する脱原発テロのB層向け広報担当兼ペット・山本太郎が当選。


まぁ、東京都民の民度は、かつて漫才師の横山ノックを知事に選んだ大阪府(大阪民国・ダイハンミンコク)民の民度とさほど変わらないということが、今回の参院選で証明された。大阪が「大阪民国(ダイハンミンコク)」なら、東京は「東京社会主義"脱原発"人民共和国」である。

沖縄"戦局"においては、自民の候補者が「沖縄社会大衆党」なる組織(初めて聞いたわ...)の「委員長」を名乗る糸数のバアさんに対して、得票数で30,000票余り、得票率の差およそ5%で落選したものの、これは地方の「1人区」にあっては惜敗と呼ぶべきであることからして、平均的民度においては、山本太郎を早早と「当確」にし、かつ当選させてしまった東京都民よりも、沖縄県民のほうが高いと言えるかもしれない。あるいは、少なくとも「保守の粘り・踏ん張り」において、東京都民は沖縄県民に負けているのではあるまいか。『前回比で投票率が上昇したのは、0・99ポイント伸びた沖縄のみ(前掲の「MSN産経」の記事)』という事実と合わせて考えられたし。

      ◇        ◇        ◇

最後に、「維新政党・新風」について。小生にできたことは、東京方面に住む知人らに「維新政党・新風」への応援をお願いすることだけでした。

< 参院選 2013 「維新政党・新風」の成績 >

東京選挙区(改選議席数5)
 鈴木信行氏、得票数77,465票(10位/20人中)、得票率1.37%
   *最下位当選者の得票率は10.86%

神奈川選挙区(改選議席数4) 
 溝口敏盛氏、得票数41,359票(9位/11人中)、得票率1.05%
   *最下位当選者の得票率は11.74%

千葉選挙区(改選議席数3)
 渡辺裕一氏、得票数39,147票(8位/9人中)、得票率1.64%
   *最下位当選者の得票率は16.27%

 3人の候補者の得票数の和は、およそ158,000票となる。



「維新政党・新風」は、国政選挙に出馬する毎に得票数を伸ばす政党であります。引き続き応援していきたいと思います。







このエントリに記載の各候補者・各政党の得票数・得票率の数字等は、朝日新聞デジタル:2013参院選挙、ならびに参議院選挙(参院選)2013 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)に掲載されているものを引用させていただきました。





パチンコ・パチスロ議員(パチンコチェーンストア協会 政治分野アドバイザー)は落選するのがよい。

パチンコ・パチスロ議員(パチンコチェーンストア協会 政治分野アドバイザー)は落選するのがよい。これについては、その議員が自民党か民主党かなどといった所属の党派は関係ない。

【参考動画】
YouTube - KOREA 韓流 パチンコ 警察 天下り 30兆円! 巨額の脱税! 1
YouTube - KOREA 韓流 パチンコ 警察 天下り 30兆円! 巨額の脱税! 2
YouTube - KOREA  韓流 パチンコ 北朝鮮送金ルートを断て

パチンコチェーンストア協会 政治分野アドバイザー・リスト
(2013年6月3日 現在)

   「パチンコチェーンストア協会 政治分野アドバイザー」こと、パチンコ・パチスロ議員名簿(2013年06月現在) [画像をクリックすると拡大表示]


●自由民主党 計22名(衆議院20名 参議院2名)
鳩山邦夫、山本有二、野田聖子、木村太郎、岩屋毅、田中和徳、竹本直一、原田義昭、山本拓、髙木毅、山口泰明、坂本哲志、松島みどり、左藤章、西村明宏、葉梨康弘、秋元司、中川俊直、武井俊輔、熊田裕通、伊達忠一、大家敏志

●民主党 計7名(衆議院2名 参議院5名)
海江田万里、生方幸夫、石井一、増子輝彦、小川勝也、羽田雄一郎、安井美沙子

●日本維新の会 計3名(衆議院2名 参議院1名)
小澤鋭仁、松野頼久、水戸将史

●生活の党 計1名(衆議院1名 参議院0名)
鈴木克昌

以上、パチンコチェーンストア協会理事・会員リストより。



この現時点における人数を見ると、自民党議員計22名、民主党議員計7名で、「なんだ!自民党のほうが多いじゃないか!」ということになりますが、これは昨年12月の衆議院議員選挙において、民主党があまりにも大敗して、民主党所属の「パチンコ・パチスロ議員」の過半が落選したことによります。選挙前は自民党所属の「パチンコ・パチスロ議員」数よりも民主党所属の「パチンコ・パチスロ議員」数のほうが多かったのであります。

画像の表中にある『IR議連』の『IR』については・・・
日本にカジノを
日本にカジノを IR議連会長のスタンスとIR関連法
国際観光産業振興議員連盟 - Wikipedia


まぁ、仮に日本が正真正銘のTPPに参加すると、「日本ではカジノを営業できない!日本の国内法の不備が障壁になっており、海外からの自由な投資を阻害している!」などと批判され、提訴されればおそらく日本側は敗訴(一審で確定)し、日本でカジノを営業できるように法整備をしなければならない義務が、日本国民の意志とは関係なく日本政府に発生するでしょう。まぁ、そうした「義務」が発生する以前にカジノを営業できるように法整備しようとする新自由主義系の「従『外』議員」どもの動きは、ご存知のように既にあるところです。

パチンコ・パチスロにしても同様です。たとえば朝鮮人や支那人がアメリカにパチンコ・パチスロ経営の会社を設立します。出資者は朝鮮人(朝鮮労働党)や支那人(支那共産党)で、収益の多くは種々の地を経て朝鮮労働党・支那共産党に配当されます。ところが、その運営会社はアメリカの各州法に基づいて設立された法人ですから、日米がTPPに加盟していれば、そして仮に日本がパチンコ・パチスロの営業を規制する国内法を施行していれば、「日本ではパチンコ・パチスロの営業ができない!日本の国内法が障壁になっており、海外からの自由な投資を阻害している!」などという、朝鮮人(朝鮮労働党)・支那人(支那共産党)の代弁者の主張が堂々と通用することになり、あるいはそうした規制法を日本において日本人が作ろうとしただけでも、「日本ではパチンコ・パチスロの営業が脅かされている!日本の国内法が障壁になる可能性が高く、海外からの自由な投資を阻害しかねない!」という批判が、朝日・読売等々のマスメディアから国際的「正論」として発信されることになります。一切の例外を認めないのがTPPであり、例外を認めたのでは、もはやそれはTPPではないのです。

ゆえに、「パチンコ・パチスロ営業に対する何らかの法的規制には賛同するが、TPPは推進する」との思考を有する者は、自己矛盾というか、知脳分裂症であります。あるいは彼らは、資本が国境やイデオロギー(共産主義、反共、親米、反米、親日、反日)を越えて移動する事実と、以上ここに記したTPPに関すること、この二つを少なくとも同時には思考しない「主義(教義)」なのでしょう。


パチンコ・パチスロ議員(パチンコチェーンストア協会 政治分野アドバイザー)のリストを見ていると、そこにはどちらかというと「新自由主義系&左派リベラル思想」(=早い話、ハシシタ系の思想)の保有者の御芳名が並ぶのも、なるほどナァと思います。




 | HOME |  次のページ »

Recent Entries

 

East Turkistan

日本ウイグル協会

Uyghur American Association

世界ウイグル会議

 

Blue Ribbon

内閣官房 拉致問題対策本部

外務省 北朝鮮による日本人拉致問題

警察庁 北朝鮮による拉致容疑事案について

救う会 全国協議会

特定失踪者問題調査会

 

メールフォーム

Name (HN)

Mail

Subject

Comment

 

QRコード

QR

Special Thanks

Powered by FC2

This template designed by Underground

Some images displayed with Lightbox

Some icons designed by フリーWEB素材サイト「DOTS DESIGN」

 

管理人

oyoyo (oyoyomemo)

 oyoyo (oyoyomemo)
 

   RSSフィード